眠い時は寝る

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

梅雨真っ只中。皆さんがお住いの地域は、台風や雨の影響は大丈夫でしょうか?

こういう時期は、なぜか体調が良くないという方が多いですよね。
とにかく「ダルい」「疲れる」などなど…

そして、これもなぜだか分かりませんが
体調が優れないと、やたら眠くなりませんか?

まあ、誰が見ても日々怠けている方は置いておいて
世間一般の、キチンと「仕事」をされている方は
必要以上に眠ることに対し、罪悪感を感じることが多いのだとか。

※ここで言う「仕事」とは、収益を得ることだけではなく
例えば”主婦”や”療養中”の方など
自分が今やるべきことをキチンとやっている人…を指します。

「眠ること」=”悪いこと”のように
考えてしまうのですね。

真面目な人ほどそうなのでしょう。
まるで”サボっている”みたいに感じてしまい
自分自身が許せなくなるのでしょうか・・・?

さて、もちろん
「なぜ必要以上に眠くなってしまうのか」
を考える必要はあると思います。

しかし、それを差し引いても
『眠い時は寝る』べきだと
私たちは考えています。

身体が休息を求めているわけですから
無理をしないでいいときや
仕事などを先送りできる時は
遠慮しないで寝るほうが良いと思うんです。

やはり、全てが”バランス”ですから
眠い時に我慢するクセがついてしまうと
ひょっとしたら長い目で見たら
逆に不眠を誘発する恐れがあるかもしれません。

例えはちょっと強引ですが
便意があるのにトイレを我慢したり、
のどが渇いているのに水分を補給しなかったり、
泣きたいのに泣かなかったり。

どれもこれも”関係器官”に
悪しき影響がでてしかるべきですよね。

睡眠も同じだと思うんですよ。

一生懸命やっているけど
それでも、どうしても眠い。

それは身体が休息を欲してるサインです。

罪悪感を感じる必要はありません。
無理に我慢することもありません。

許される限り、寝てしまいましょう。

基本、「正しい生活」を送っている限りにおいて
起こる”生理的現象”は、正しい身体の反応であり、欲求です。

それを我慢するほうがかえって
何か問題を誘発してしまう可能性があります。

ご自身の身体が発するサインを
見逃してしまわないようにしてくださいね。

その上でメタトロンを併用していただければ
自分自身の体を知るためにはもう鬼に金棒です!

ぜひ遠慮なくお申し込みください。
ご用命をお待ちしております!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *