なぜ”周波数”だけがオカルトなのか?

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

メタトロンをご提供差し上げていると、時にはとんでもない否定をされることがあります。

表題の通り「オカルト」扱いされることが1番多いですね。
あとは「インチキ」とかですか。

正直申しまして、これはもう仕方ありません(苦笑)
といいますか、こういう方々とはもう戦う気がありません。

分からない方は分からないでいいんですよ。
最近つとにそう思います。

ですから、そういった方々へ理解をいただく、ということではなく
あくまで一般論というか、私見ということで
今回のブログをご覧いただければと思います。

さて、なぜメタトロンが「インチキ」「オカルト」扱いされるのか?

それは「周波数」や「波動」を用いることが
胡散臭いと思われる方が多いということでしょう。

当たり前ですが、ごく少数の人を除けば
周波数や波動なるものは”見えない”ですから
ここに胡散臭さを感じるのではないかと思います。

メタトロンの元になっている学問は「量子力学」ですが
学問的な難しい話はひとまず置いておきますね。

その上で”見えない”のに
大多数の方が信じているものって多いじゃないですか。

例えば「電気」だってそうですね。

もう皆さんが当たり前のようにお持ちのスマホや携帯電話。
この通話に使われているのは「電波」です。

テレビやラジオも「電波」ですね。

キッチンには当たり前においてある電子レンジ。
なぜ温まるのかといえば「電磁波」を使うからですね。

なぜこれらの”見えない”ものは信じるのに
メタトロンの周波数や波動はオカルトなんでしょうか?

ここがね、残念だなぁって思うんです。

何が残念って、
「物事を柔軟に考えられない心」だったり
「新しいことを受け入れられない度量」だったりですかね。

きっとね、こう思うんです。

「電気」や「電波」や「電磁波」って
学校で知識として習ってきたことなんですよ。
だから見えなくても”あるもの”として理解が出来る。

でも「周波数」や「波動」って
詳しく学校で学習しないですよね。
だからオカルト扱いされるんだと思うんです。

百歩譲って。

メタトロンを1度でも試した上での意見でしたら
どんな意見でも受け入れたいですし
そうすべきでしょう。

でも、メタトロンを試さないで批判ばかりする。
オカルト・インチキ扱いする。

ここには疑問を感じますね…

「あなた、何も分かってないでしょ?」って。

『論より証拠』
『百聞は一見に如かず』です。

まずは1度試してみませんか?
そしてぜひ何でも聞いてください。
精一杯お応えします!

いよいよ7月もラストスパート。
ご用命を心からお待ちしております!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *