砂糖は「白い麻薬」

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

唐突ですが、ここで質問です。あなたが砂糖を摂らなかった日はいつでしょうか?

甘いものを食べなかった、清涼飲料水を飲まなかった日はいつですか?

ひょっとしたら今日食べた煮物の中に
入っていたかもしれませんね。

避けようとしても避けることができない。

自分では意識していなくても
考えてみると驚くほど砂糖が日々の生活の中で
当たり前に使われていることが分かるのではないでしょうか。

そして気づくはずです。

「砂糖のない生活、砂糖を全く使わない生活なんてできるのか?」

と。

考えてみてください。

例えば依存症という観点で言えば
タバコやお酒などは社会問題になったりします。

角度を変えてみると
ゲームやパソコンなどもそうでしょうか。

では砂糖はどうなのでしょう。

あなたにとって
砂糖のない生活を考えることはできますか?

明日から甘いものは一切食べない、
ジュース類は一切飲まない、
料理にも一切使わない…

可能でしょうか?

こう考えてみると
人間はいかに”砂糖依存症”であるかが
お分かりいただけると思います。

そう、砂糖は「白い麻薬」なんです。

本来、人間にとって砂糖は
全くと言っていいほど必要が無いものと言われています。

現代に流通している砂糖は
自然界には存在しない物、
要は人工的に作られたものなんですね。

そう考えると、
もう”食品添加物”そのものだと考えることもできます。

つまり、砂糖は不自然に精製されたモノであるため、
消費するのに物凄くエネルギーが必要です。

そして、砂糖を大量に摂取すると
体の中にあるビタミンとミネラルが
通常より多く減ってしまいます。

そして疲労がどんどん蓄積してしまうんですね。

また、血糖値を一気に上げてしまうため
身体全体が「炎症状態」になってしまいます。

肌荒れを起こしたり、吹き出物ができたり…
そして何と、老化を早めるとも言われているんです。

もちろん肥満を誘発するのは言うまでもないでしょう。

・・・・・何かいいことってあるんでしょうか??

メタトロンで様々なお悩みにアプローチする時
重要になるのは食事であることは
常にお伝えしています。

そんな中でも特に「糖質過多」である方が
とても多いのが現状です。

言い換えれば砂糖を止めてみるだけで
悩みが好転する可能性が高いということなんですね。

もしあなたが1年…いや半年…
せめて3ヶ月砂糖を断つことができたら
とてもいいことが起こるかもしれませんよ。

さて、あなたは「糖質過多」になっていませんか?

まさか自分自身が砂糖依存になっているとは
思っていないのではありませんか?

それをメタトロンで探ってみましょう!

ご用命お待ちしております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *