牛乳は身体にいいの?悪いの?①

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

常に議論される内容の1つに
「牛乳は身体にいいのか悪いのか」ということがありますね。

================

【1周年記念イベント開催中!!】
詳しくは以下のリンクをご覧ください。

※ご新規様向けイベント
☆ついに残り2枠です!
☆受付は10/18までです!
https://yk-longlife.com/1248/

※リピーター様向けイベント
☆先着50名様 ⇒ ついにあと8名様です!
https://yk-longlife.com/1287/

================

少し前も、ある女性芸人さんが
テレビで牛乳は身体に良くないと発言し
その根拠を巡って議論になったのを思い出します。

さて、「母子手帳の真実」で
GHQが日本に持ち込んだものについて
お話しさせていただきました。

実はその1番手が牛乳だったのです。

日本人は戦前まで
牛乳は一般には普及していませんでした。

例外として、北海道のある地域で生産されるな
どごく一部で搾乳文化があっただけなのです。

しかし戦後、GHQによって牛乳飲料文化が
日本全国に普及していきました。
(当初はアメリカから輸入した
脱脂粉乳を学校の給食に導入していました!)

戦後貧しかった国民の栄養不足を理由にし
「栄養のある」牛乳を積極的に推進する
アメリカ主導に加えて

日本政府もGHQの指導に従って
国の政策として「牛乳神話」を作ったのです。

そして、全く裏付けのない
「牛乳=カルシウム摂取=子供の成長に欠かせない」
というメディアを使った刷り込み活動で
日本に牛乳文化を根付かせたわけですね。

では、牛乳は身体にいい?悪い?
・・・・・はい、極論すれば悪いに決まってます。

メタトロンでは肉食・草食に関わらず
日本人にとって牛乳はほぼほぼ合わないところに出てきます。

この「日本人にとって」がとても重要なんです。

皆さんは『乳糖不耐症』という症状をご存知ですか?
詳しくはこちらからご確認ください。
(Wikipedia「乳糖不耐症」に飛びます)

そして、日本人のおよそ85%が
「乳糖不耐症」なのです!!

85%ですよ!?

つまり、そもそも論として
日本人は牛乳が身体に合わない人種だということ。

ここ、基本中の基本です。

メタトロン的には…

「良いもの」ではなくて
「合うもの」を優先するんでしたね!

じゃあ牛乳は…?

もう考えなくても分かりますよね。

さて、牛乳に関しては別の角度から
もう少しお話しさせていただこうかと思います。

お楽しみに!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *