牛乳は身体にいいの?悪いの?②

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

常に議論される内容の1つに
「牛乳は身体にいいのか悪いのか」ということがありますね。

================

【1周年記念イベント開催中!!】
詳しくは以下のリンクをご覧ください。

※ご新規様向けイベント
☆ついに残り2枠です!
☆受付を10/20まで延長!
https://yk-longlife.com/1248/

※リピーター様向けイベント
☆先着50名様 ⇒ ついにあと5名様です!
https://yk-longlife.com/1287/

================

牛乳は身体にいいの?悪いの?①」で結論づけたように
私たちは牛乳を”良くないもの”としています。

そもそも牛乳は”嗜好品”の一種なはずで
本来、飲む飲まないは個人の自由でしょう。

牛乳については「賛成派」「反対派」が入り乱れて
お互いに様々な主張をしています。

ですから、私たちは必要ないものと結論づけていますが
あなたが飲みたければ飲めば良いんですよ。

しかし、なぜ牛乳が当たり前に飲まれるようになったのか?

ここを紐解いていけば、
作為的な何かが働いたことは火を見るより明らかですし
そこを感じられない方は、どうぞご勝手に…ということです。

「牛乳は仔牛が飲むもので人間が飲むものではない」

人間のための食べ物・飲み物など「この世に存在しない」
とおっしゃる方もいますね。

この世にあるのは
「人間に有益な食べ物・飲み物」と
「人間が口にしたい食べ物・飲み物」だけであると。

私たちはそういうことを論じているのではないのですよ。

牛乳が仔牛のため。
それと同じ位置づけのものに「母乳」がありますよね。

母乳は人間の赤ちゃんのための飲み物でしょう。

しかし、一定期間が経つと
人間は母乳を卒業し、
固形物という食べ物に移行していきます。

これは「お乳はもういらない」という
自然の流れであり、儀式です。

牛乳から摂ることが出来ると言われている栄養素は
他のものから十分に得ることができます。

それなのに、
牛乳だけが特別にまつりあげられている事実。

学校給食で当たり前に出てくる事実。

「牛乳屋」が成り立つ事実。

これだけでも違和感を感じませんか?

ではあなたにとって牛乳はどうなのか?
気になる方はぜひメタトロンで調べてみましょう。

キャンペーンも残りわずか。
ご用命をお待ちしております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *