良い油の取り方

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

オメガ6系の油は体に良くなくてオメガ3系の油は身体に良い。
油の大切さが知られるようになって、最近はそんな風潮がありますね。

しかし、正直言って語られていることは
媒体やそれを書く人によっても千差万別で
いったい何を信じたらいいのか分かりませんよね。

そこで今日は、
一般的に率先して摂取すると良い油について
お話しさせてください。

①亜麻仁油(フラックスシードオイル)

オメガ3系で植物油といえば、これですね。

オメガ3系脂肪酸は、
体内で合成することができないため
食べ物から摂る必要があります。

中でもEPAやDHAなどは、
青魚に多く含まれることで知られていますね。

亜麻仁油には、
オメガ3系脂肪酸であるα-リノレン酸が、
植物の中でもダントツに多く含まれています。

血液と血管の健康を守るα-リノレン酸には、
血液をサラサラに保ち、
お肌の細胞に酸素と栄養を届けることから、
美肌効果が期待できます。

<とり方ポイント>

亜麻仁油は加熱に弱いため、加熱しないこと。
サプリメント的にサラダや納豆に加えて食べています。

②EV(エクストラバージン)オリーブオイル

オメガ9系脂肪酸の代表格といえば、これ。

オリーブオイルは、
オリーブ由来のポリフェノールが含まれた、
抗酸化力が強い良質オイルです。

食べた時に喉が
ヒリヒリイガイガするような味のオリーブオイルほど、
ポリフェノールが多く含まれているといわれています。

試食できない時は、
低温圧搾、無濾過のオリーブオイルを選びましょう。

主成分であるオレイン酸は加熱に強いため、
日々のお料理にも使えます。

<とり方ポイント>

使い勝手のいいオリーブオイルですが、
主成分であるオレイン酸は、
体内で合成することができるため、
とり過ぎれば脂肪の蓄積につながります。

亜麻仁油のようにサプリメント的にとるのではなく、
日々使うオイルとして取り入れましょう。

③ココナッツオイル

オメガ◯系などの不飽和脂肪酸ではなく、
飽和脂肪酸のココナッツオイル。

スーパーフードとしてもお馴染みですが
すでに体内に備わっている
抗酸化力を高める働きが期待されています。

季節とともに紫外線が弱くなっても、
活性酸素は日々身体の中で生まれているため、
ご自身の抗酸化力を高めておくことが
アンチエイジングにはマストですね。

加熱に強く、お料理やお菓子作りにも使えます。

独特の風味があり濃厚なオイルなので、
バターの代わりとしてよく使われます。

<とり方ポイント>

主成分である中鎖脂肪酸は、
代謝に消化酵素を必要としないため、
素早く体内に吸収されケトン体に変換されて、
身体のエネルギー源となります。

そのため、
脂肪として蓄積されにくい良質オイルです。

ただし、ココナッツオイルからエネルギーを作り出すため、
すでに蓄積された脂肪の燃焼を妨げる場合もあります。

オリーブオイル同様、サプリメント的にとるのではなく、
今まで使っていたオイルと置き換えて使いましょう。

そして何より重要なのが
自分には何が足りていて何が足りていないのか
キチンと知っておくということです。

それにはもちろんメタトロンが役に立ちます!

いよいよ年も押し迫ってまいりました。
年末の疲れを癒やすために、
ぜひご用命くださいませ。

お待ちしております!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *