フッ素

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

小さなお子さんの虫歯予防として、当たり前に使われているフッ素。
本当に虫歯予防になっているのでしょうか?

フッ素の持つ毒性などについて
日本人はあまりにも認識が低いと言われています。

あなたはいかがでしょうか?

そこで、今回もおなじみの内海聡先生が書かれた
文献を引用してお送りします。

(以下引用)

フッ素というと現代においては
様々な分野で使われていますが、
これが以下に猛毒であるかについて
現代の人々は忘れてしまったようです。

特に日本人はフッ素については
危機感が欠如しており、

かわりにアメリカなどのほうが
フッ素については認識している人が
多い印象です。

なぜならアメリカでは
水道水にフッ素が添加されており、
はやくからその危険性が
議論されてきたからです。

「フッ素入りの練り歯磨きを使うとガンになる」

という記事が、
アメリカの“Midnight”の1967年3月号に
書かれています。

なぜこんな古い記事を
わざわざ出すかというと、
その古い時代からアメリカでは
指摘されていると示したいからです。

抜粋しますと

「アメリカでガンで死亡した人156人を
解剖して調べた結果、骨髄中に多量の
フッ素が蓄積していることが解かった。

そして重要なことはガン組織に
蓄積することである」

とあります。

はっきりいって
フッ素に虫歯の予防効果などありません。

にもかかわらずフッ素推奨派は
捏造された論文や操作論文や、
昔の事情もろくに把握せずフッ素を推奨します。

フィリス・マレニクス博士の告発で、
彼女が行った実験では、

安全とされる
最低限度のフッ素を投与しただけで、
様々な神経障害をもたらすという
データが確認されました。

そのことを暴露した彼女は
職を失い研究資金も打ち切りになったのです。

もともとフッ素安全論を唱えた筆頭が
ハロルド・ホッジという科学者でした。

御用学者かつ原子爆弾を開発した
「マンハッタン・プロジェクト」
の中心的人物で、

核兵器の製造時に大量に使用し排出される
フッ素ガスの毒性を捏造して、
安全性をアピールしておく必要がありました。

またフッ素の有効利用の始まりは
アメリカにおけるアルミニウム産業で、
さらにいうと産業廃棄物問題です。

虫歯予防にフッ素を塗るような
歯医者に行ってはなりません。

そもそも歯医者に行くことが間違いですが、
虫歯の予防にフッ素など意味はないのです。

もしあなたがどうしても歯医者に行くのなら、
フッ素以外で予防できる歯医者を
選んだ方がいいでしょう。

虫歯も多重因子なので
他のいろいろな要素はありますが、

仮に減らせるとしても
こんな猛毒で虫歯を減らすことに
意味などありません。

私たちにできることは、
フッ素を体の中に入れないことしかありません。

まずは歯磨き粉から変え、
次に乳幼児の食品などに入っているので
それを避けましょう。

清涼飲料水の中にも入っており、
ファーストフードのフライドチキンや
缶詰の魚にも多いとされています。

またたばこにも含まれているので、
子供に副流煙を吸わせないよう
注意が必要です。

もちろんフッ素加工(テフロン)の
フライパンも要注意です。

(引用終わり)

人間にとって不必要なものが身体に蓄積されると
やはり良くないことが起こる確率も
上がるのではないでしょうか?

それを周波数的に見ることが出来るのが
メタトロンです!

年内に自分の身体にある
”毒素”を棚卸ししませんか?

まだまだご予約枠、お取りできます!
ご用命をお待ちしております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *