年越しそばに注意!?

横浜ロングライフの波藤ちまるです。いつも本当にありがとうございます。

今年も残り5日間ですね。
皆さんは大晦日に年越しそばを召し上がりますか?

30日や31日に買い物へ行くと
おそばはもちろん、天ぷらなども並んで
何となく食べずにはいられない感覚になってしまいますね(笑)

昔から「そば」は健康食と言われてきました。

私どもがメタトロンで測定させていただき
「合う食材」にそばが出てくる方も
大勢いらっしゃいます。

ただし、いわゆる「そば」について
勘違いといいますか、騙されている方も
多いのではないかと思い、記事にしてみました。

なのでひょっとしたらご存じの方も
いらっしゃると思いますので
その時はごめんなさい。

さて、ご自身で打つという気合の入った方は除いて
大多数の方がそばは市販のものを
購入されると思います。

本当に値段もピンキリですよね。

ではなぜ、同じそばでも
こんなに値段が変わってしまうのでしょうか?

いろいろと理由はありますが
1番は安いものほど
「そばであってそばではない」から、

言い換えれば
「そばの色をしたうどん」だから、なんですね。

「そば」は何がメインで作られますか?
当然”そば粉”ですよね。

では「うどん」は?
当然”小麦粉”ですよね。

皆さんは、市販されているそばが
全て”そば粉”優勢で作られていると
勘違いしていませんか?

実は…安価なものほど
”小麦粉”がとても多く使われているんですね。

ひどいものだと90%は小麦粉で
そばの色を付けるためだけに
10%だけそば粉を入れる・・・

こんなことが普通に行われているんです。

それで堂々と「そば」として売られている。
どう思いますか??
正しいと思いますか??

安いものが全て悪いものだとは言いません。
安くてもいいものはたくさんあります。

でも、残念ながら
「そば」はそうではないことが多いです。

では、”そばもどき”ではなくて
本当の「そば」を見分けるにはどうするか?

簡単なのは
「十割そば」や「二八そば」と
パッケージなどにうたわれているものを
選ぶということですね。

その名の通り
「十割そば」はそば粉だけで作られたものですし
「二八そば」は80%がそば粉、20%が小麦粉ということです。

あとは、裏面などにある
『原材料名』を確認しましょう。

『原材料名』は多く入っているもの順に並んでいます。

「原材料名:小麦粉、そば粉・・・」
というものではなく

「原材料名:そば粉、小麦粉・・・」と
”そば粉”が最初に記載されているものを選べば
ある程度は大丈夫です。

是非参考にしてみてくださいね。

そして、年末年始もぜひメタトロンをご用命ください。
ご予約をお待ちしております!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *