汚い油を取らない・取らせない

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

油の大切さについては今までも数回に渡り、このブログでお話ししてきました。
それがこうじて、私どももサプリメントの販売に踏み切ろうとしたわけです。

油のことにはそんなに詳しくなくても
皆さんも「トランス脂肪酸」という言葉は
聞いたことがあると思います。

特に大人の皆さん。

お子さんにトランス脂肪酸を
当たり前に与えていませんか?

なぜトランス脂肪酸は危険なのか
内海聡先生の文献を引用してお送りします。

(以下引用)

汚い油を子どもに取らせることは
あらゆる病気の源になります。

なぜなら人体の主要臓器のほとんどは
油からできています。

また水以外で最も組成比が高いのも油であり、
ホルモンなど重要な物質の原材料となるのも
油であるからです。

最も汚い油の代表格が
トランス脂肪酸かと思われます。

トランス脂肪は今、
海外では最も危険視されている脂肪酸です。

しかし日本ではまだまだ
認知が広がっているとは言えません。

トランス脂肪は不飽和脂肪を加熱し、
水分を蒸発させ、脂肪を凝固させたもので、
そこに無理やり水素分子が加えてあります。

これにより不自然な脂肪酸が出来上がりますが、
このトランス脂肪酸を使う理由というのは
保存という意味でも
長持ちするからとされています。

しかし日本人はこの意味を取り違えています。

たとえばマーガリンは
有名なトランス脂肪酸ですが、
その化学構造はプラスチックと
分子一つしか差がないのです。

さて、これを普通の生物は
食べようと思うでしょうか?

これは保存として
長持ちさせているということではなく、
食べ物ではない物質に
変化させているということです。

学校などでパンに
マーガリンをつけて食べていることなど、
プラスチックを食べていることと
大差はないのです。

海外ではトランス脂肪の危険性は
かなり訴えられており、
アメリカやヨーロッパを中心に
全面禁止になっている場所もあります。

トランス脂肪は
あらゆる病気に関与するので、
社会問題となっているのです。

チェーン店やコンビニやファーストフード店
でさくっとした揚げ物などは、
みなトランス脂肪酸に変化した油を
使用していると言っていいでしょう。

さて、市販の食用油として
様々なものが販売されていますが、

おそらくその商品が
普通のスーパーで売られている限りは、
ほぼすべては非常に汚い油でしょう。

原材料が遺伝子組み換えであるとか、
植物油であれば農薬使用のものであるとか、
ドレッシングなどに含まれる油もほとんどが
トランス脂肪酸になっています。

また市販のサラダドレッシングなどは
添加物のオンパレードです。

まずはきれいな油を探さなければ
健康を守ることなどできません。

(引用終わり)

さて、あなたの身体には、
あなたのお子さんの身体には、
あなたの大事な人の身体には。

どんな油が足りていなくて
今まで取っていた油が
どんな影響を及ぼしているのか…

知りたくないですか??

そのためにぜひメタトロンを活用してください。
結構びっくりする結果が出ると思いますよ。

ご用命をお待ちしております!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *