なぜあなたは風邪を引いたのか

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

ちまるが体調を崩したからではありませんが
インフルエンザを始め、風邪・感冒が猛威を奮っているようです。

ところがどんな時も健康優良児で
短パン半袖、薄着なのに風邪などを一切引かない、
そんな方もいらっしゃいますよね。

同じ家族や兄弟姉妹でも
片方はほとんど体調を崩さないのに
もう片方はいつも調子が悪い…

そんな方もいらっしゃいます。

同じ環境で、同じ生活習慣で
食べる物もほとんど同じ、
それなのに、なぜこんなに違いが出るのでしょうか?

私たちは
「起こることには全て意味がある」と
常にお伝えしております。

風邪を引くことやインフルエンザに罹ることも
全て意味があります。

もう本質を言いますと
風邪やインフルエンザのウイルスの力を借りて
身体の浄化をしてもらっているということなんです。

自力では排出できないものが自分の身体に蓄積されていて
このままだとよろしくない…という場合
菌やウイルスの力を強制的に借りて
発熱などの解毒を行うのです。

ですから、あなたが風邪に罹ったなら
それは相当排出できないものが
あなたの身体の中に溜まっていたということなんです。

菌やウイルスの力を借りてまで
強制排出する必要がなければ
どんなに周りにゴホゴホやっている人がいても
きっとうつったりしないでしょう。

逆に、排出する必要があるのに
異常なまでに手洗いだ、消毒だ、清潔だなどと行動し
きっちりマスクなどをし…なんて方は
もっと大きな病気に罹ってしまうのかも…しれませんね。

そう考えると、
風邪に罹ったりインフルエンザに罹ることも
けして悪いことではないんです。

問題は、せっかく菌やウイルスの力を借りて
体内を強制消毒・排出しようとしているのに
それを薬などで止めてしまうこと。

これこそが非常に不味いことなんですね。

もう風邪などに罹ったら
諦めて、完全排出に集中しましょう。

熱を出せるだけ出して
浄化することに集中するべきです。

さて、あなたは風邪に罹りやすいのか?
体調を崩しやすいのか?

周波数の観点から
それを予測できるのがメタトロンです。

ぜひ1度ご体感下さいませ。
ご用命をお待ちしております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *