放射能の今後

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

もうすっかり話題にも上らなくなってきましたが
震災後7年弱…皆さんは放射能について今、どのようにお考えですか?

今回も内海聡先生の記事を
引用してお送りします。

この記事をどう捉えるかは
今後の皆さんの人生を左右すると言っても
けして過言ではありません。

(以下引用)

2011年に出てきた
最後の社会毒とも呼べる物質が放射能ですね。

安全とかいまだ言ってるアホがいますけど
危険に決まっています。

医学における放射線検査の視点から考えてみても、
ロバート・メンデルソン医師は、

X線撮影による不必要な放射線の遺伝子影響により、
アメリカ人の三万人に死者が出るであろうと
示唆しています。

ちなみに日本は世界一のCT保有国であり、
その台数や検査数は二位以下を大きく引き離しています。

マンモグラフィーはやればやるほど
乳がんが増えることがわかっています。

チェルノブイリを例にとって
国家調査ではなく民間調査を基本とすると、
がんが出てくるのは何年も先であることが
一つの傾向であり、

その前に精神疾患や免疫不全や
新生児にかかわる問題が散見されます。

日本ではすでに6年がたち、
病気が各地で激増しています。

甲状腺がんは福島で180人前後だと言われてきましたが、
山本太郎国会議員が1000人以上に増えていることを
国会で暴露しました。

しかし癌については
放射能の害は実は軽微です(多いけど)。

一番わかりやすい先行指標が
甲状腺がんというにすぎません。

直接死因にかかわる問題で最も重要なのは、
実は白血病や癌ではなく心臓病です。

心臓病は放射能にかかわる病気で、
50%以上を占めます。

最近の芸能人や政財界の人たちで、
心臓病になっている人たちは
影響を受けている可能性大です。

しかし解剖しなければその証明はできません。

また汚染地域の子どもたちの先天性奇形や、
この先の孫の代などの障害や病気の発症率は著しく上がり、
チェルノブイリでも心臓と中枢神経の異常が、
複数の奇形とともに有意に増加することが分かっています。

最大の障害は知能低下と性格崩壊
と意欲の減退だとする研究者もおり、

日本においては
「食べて応援」などを行っていた家族に、
認知症などの発生が疑われるケースもあります。

癌は全体で15%前後にしかすぎず、
甲状腺がんは非常に発生数が少ないがんなのですが、
それでも1000人以上いるということが重要です。

つまりほかのがんを含めて放射能で数万人以上が影響を受け、
脳障害については数十万人単位で影響を受け、
心臓病も同じく数十万人以上の単位で影響を受け、
かつ今後障害児や赤ちゃんから病気を持つ子どもが激増します。

だから1000人でも軽微なのです。

放射線ホルミシス効果が嘘なのは
勉強した人なら常識のことであり、

まず絶対的なまでに日本人はミネラル不足、
ビタミン不足、良質の油不足であり、

それに対して糖質のとりすぎであり、

添加物や農薬や乳製品や
遺伝子組み換え食品のとりすぎ状態なので、

この放射能でとどめを刺されることになるでしょう。

チェルノブイリの研究では研究によりますが、
90%~98%の子どもが、
障害児や病気を抱えて生まれてきます。

今後の10年~20年で日本は
これよりもひどい状況になります。

ウクライナやベラルーシよりも
放射能対策がメチャクチャだからです。

これはまさに国家的犯罪であるともいえますが、
その犯罪者たちはこの国で威張っているか
逃げ出したのが現状です。

その結果、この国は間違いなく
滅亡への道を歩むでしょう。

経済もへったくれも関係なくなり
誰も止めることはできません。

チェルノブイリ後の周囲国はGDPを大幅に下げ、
病気の発症率と子どもの障害率は見るも無残な形となり、
放射能とその病気対策に国費の半分以上を投入しても、
何も問題は解決しませんでした。

医学、放射能学、栄養学、物理学、生物学、陰謀論、
その他はこの現実の前に
なにひとつ解決の道を示すことはできません。

最近の市井社会における
病気の激増はそれを象徴しています。

(引用終わり)

「目に見えない物」だからこそ。

大丈夫だと過信するのではなく
キチンと対処し続けることが大事です。

その一環としてぜひメタトロンをお試しください。

ご用命をお待ちしております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *