インフルエンザ狂想曲

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

今、本当にインフルエンザが猛威を奮っているようですね。
正直私は良く分からないのですが(笑)

なぜなら生まれてこの方
1度もインフルエンザに罹ったことがないのです。

ですから、この時期に子どもたちが
インフルエンザらしき症状を見せると
自動的に私が隣に寝て、様子を見ることになります。

なんせ伝染らないので(苦笑)

去年もインフルエンザが猛威を奮ったと記憶していますが
我が家は誰ひとりとして罹らなかったんです。

しかし、残念ながら
今年はまず、ちまるが恐らく発症。

その後、長女が恐らく発症。

そして今、次女は恐らく発症中…

こんな感じでローテーションしております(爆)

あ、”恐らく”というのは
医者には行かないので、
症状からした自己判断ということですね。

根拠はもちろんありませんが。

常にお伝えしていますが、
インフルエンザだろうが何だろうが
特にウイルス系の疾患に罹った場合の考え方は

「ウイルスに身体を浄化してもらう必要があった」

ということに尽きます。

ウイルスの力を借りて発熱し
免疫力を上げ、体内の不要物を掃除してもらう。

ですから、薬などを服用し
人工的に体温を下げたりする行動が
何と愚かなことかと思ってしまいます。

けしてオススメはしませんが
ちまるもそうですし、長女もそうですが
1週間、必要なケアをして静かに寝ていれば
普通に治っています。

ですから、当然次女にも
同じように接しています。

強いて言うなら
「無理に食べない」ということでしょうか。

”消化”という活動が
何より身体には負担を掛けますからね。

あと、水とミネラルを補給すること。
これは必須ですね。

ここで大事なのは
必要なのは「水」であって「水分」ではありません。

まあ、そんなこんなで対処していると
自然に治っていく、と。

しかも、「免疫力」が手に入るという
強力なおまけ付きです。

インフルエンザの時期になると
インフルエンザだけが
さも特別のような扱いをされます。

しかし、風邪もインフルエンザも
根本的なケアの考え方は何も変わらないですよ。

ぜひ世の中のプロパガンダに
流されないようにしてくださいね。

もちろん、横浜ロングライフは
いつも通り元気に営業させていただいております。

いつでもご用命くださいね。
お待ちしております!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *