グルタミン酸ナトリウム

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

皆さんは”グルタミン酸ナトリウム”をご存知でしょうか?
激安系の加工物には、必ずと言っていいほど入っています。

もちろん食品の「原材料名」に
”グルタミン酸ナトリウム”と書いてあることは少なく
主には「調味料(アミノ酸等)」となっていることが多いようです。

一時期は「危険」との認識が広まり
使用を控える風潮が出てきていたことを思い出しますが
こんな形で名前を”隠す”ことによって
また広がりを見せてきています。

なぜグルタミン酸ナトリウムは危険なのか?
どういった弊害を引き起こすのか?

内海聡先生の文献から
引用してお送りします。

(以下引用)

グルタミン酸ナトリウムと聞くと私たちの年代では、
○○の素を思い出いだします。

一時騒がれてグルタミン酸ナトリウムは
危険だとの認識は広がっていたはずなのに、
いつの間にか隠れたところで
たくさん使われてきているようです。
 
アミノ酸などと表記されているものの多くは、
このグルタミン酸ナトリウムです。
アメリカではMSGとも表記されます。

昭和30年代の話ですが、
世界保健機関(WHO)の専門家委員会が
出している報告書に

グルタミン酸ナトリウム(化学調味料の主成分)の
一日摂取許容量(ADI)が設定されていました。
 
特に生まれて二カ月までの乳児には
与えてはいけないとなっていたのです。
  
しかしこれは○○の素にとっては致命的なものであり、
WHOの委員のうち企業の人間の必死の働きかけで、
WHOの報告書から消えたようです。
 
ワシントン大学のジコン・W・オルニ-博士は、
グルタミン酸ナトリウムを
生まれて間もないネズミに飲ませると、

目の網膜に異常が起きるという
ルーカス博士たちの報告をもとに、
その原因を究明する研究をしていました。

この研究中にグルタミン酸ナトリウムを
与えられたネズミが異常になっていることに
気がついたのです。

原因はグルタミン酸ナトリウムのために、
脳下垂体という成長や性成熟に関係する
重要な脳の器官がやられていたためだったようです。
  
アメリカのラッセル・ブレイロック博士なども
興奮毒であることを厳しく指摘しています。

これ以外にも肝臓や 卵巣、子宮や副腎にも
異常が認められたようです。

この異常はマウスの他にも
ラット、ウサギ、ニワトリ、アカゲザルなどでも
確かめられたとされています。
 
今では、色々な食品に入っています。
それは覚醒剤的な作用により
うまいと錯覚させるためです。

しかし、グルタミン酸ナトリウムを摂ることによって、
肥満が増えているのです。
 
グルタミン酸ナトリウムはレプチン抵抗性を高め、
内臓脂肪増加の要因となり、空腹感と脂肪蓄積の悪循環を招き、
心臓病や糖尿病、メタボリックシンドロームの
リスクを高める作用があります。
 
だしの素、漬物、インスタントラーメン、かまぼこ、
ソーセージ、ポテトチップス、せんべいなど
ほとんどの加工食品・調味料に非常に広く、
安易に使用されているのが現状なのです。

目先のことしか考えない人類には
ぴったりの食材かもしれません。

(引用終わり)

グルタミン酸ナトリウムだけではなく
添加物を多く食していると
身体はどんな反応を見せるのか?

周波数の観点から、
それを視覚化出来るのがメタトロンです。

いろんなことが分かるので
健康管理にはもってこいですよ。

ぜひご用命くださいね。お待ちしております!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *