塩の重要性を確認しましょう

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

塩分の取り過ぎは身体に良くないと、私たちは教育されてきました。
しかしこれにはカラクリがあります。

いわゆる「精製塩」といって
塩化ナトリウムという
「塩のしょっぱい部分」だけを抽出しまくって形にしたもの。

これは身体に害しかありません。

ところが、岩塩などの「天然の塩」は人間にとって
必要なミネラルが多数含まれているため、
身体に有益なだけでなく
血圧もコントロールする作用を持っているのです。

つまり、「天然の塩」は
控えめではなく、適量取る必要が
絶対的にあるということです。

塩の重要性について
内海聡先生の文献を引用してお送りします。

(以下引用)

健康に関することではよくいわれることですが、
塩などのミネラルを摂ることは命の維持に直結することです。

これは味噌、醤油などでも同じことが言えますが、
保存する、ほかの料理に使う、携帯できるなどをふまえると、
やはり塩が最も重要であることが分かります。

塩を選ぶときに重要なのは精製された塩ではなく、
微量ミネラルを豊富に含むということです。

実は塩は食べ物以外にもいろいろなものに使えます。

もちろん皆さんご存知の事でしょうが、

たとえば歯磨き粉、たとえば入浴剤替わり、
たとえば油汚れ落とし、たとえば食器洗いや消毒、
たとえばしみ抜き、たとえばうがい液、
たとえば美容やマッサージの道具、
そして魔除け?にも使えます。

シンプルなものほど応用がきき、
役に立つことが多いのの代表格が塩かもしれません。

人間は水だけに比べ
水と塩を持つと極端に生存期間が延びます。
医療用の点滴にも生理食塩水があるほどです。

ぜひよい塩を使い
備蓄もしておいてもらいたいと思います。

(引用終わり)

大事なことは、ミネラル分を多く含んだ
天然の塩であること。

そして、何よりも
周りの意見などに惑わされず
「本物の塩」を探し出すこと。

ここだと思います。

メタトロン上でも
あなたにとって必須ミネラル分が
足りているのか、そうではないのか
予測をする機能がついています。

最近、肌にうるおいがない…
よく足などが浮腫む…

そんな方はミネラルが足りていないかもしれません。

ぜひ測定をお試しいただいて
自分の身体がどうなっているのかを
周波数的に理解しましょう。

きっと大きな手助けになると思います。

ご用命を心からお待ちしております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *