サイマティクス療法(音響励振療法)

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

「全ての物質は固有の周波数を持っている」
これがメタトロンの基本概念の1つであることは言うまでもありません。

ここで言う”周波数”とはいろいろな解釈がありますが
その1つの解釈として「サイマティクス療法(音響励振療法)」
をご紹介させてください。

以下引用します。

===================

サイマティクス療法(音響励振療法)は
イギリスのピーター・ガイ・マナー博士によって
開発された。

人体の骨や筋肉、臓器等が本来有している健全な周波数を特定し
患部の乱れた部分を元に戻せば改善すると考え
30年以上掛けて3500種類以上の周波数を特定したと言われている。

マナー博士は声帯が本来持っている正常な周波数を患部に共鳴させ
音叉の原理で生体の自己治癒力を復活させる療法を
「サイマティクス療法」と名付けた。

欧米ではサイマティクスは代替医療として一定の評価をされており
WHOにおいても代替療法として認知されている。
(CYMA=ギリシャ語で波動の意味)

健全な人体の各組織は
5つの音の組み合わせによる合成音を発しているとされている。

換言すれば、健全な人体の各組織の鋳型とも言える
それぞれのバイオフィールド(生命場)は
5つの音の合成音からなるという発見。

「サイマティクス療法(音響励振療法)」は
筋肉や臓器にはそれぞれ固有の振動があり
その振動が乱れると病気になると考えている。

そこで、異常な部位に本来あるべき
正常な振動・周波数を与えて共鳴することで
心身の自然治癒力を復活してコンディションを整える。

「1/fのゆらぎ」に近い音と振動を作り出す装置を設置し
このゆらぎを患者の背中(脊髄)から体内に取り入れることで
リラクゼーション効果や安眠効果を得ている。

(引用終わり)

※引用1部
元東京女子医科大学付属青山自然医療研究所クリニックHPから抜粋

===================

そして、この原理を応用している機器の1つが
メタトロンであることは言うまでもありません。

凄くないですか??

もはや健康でいることに対して
周波数や振動を無視することは
できない時代に突入していると感じています。

その一環として、ぜひメタトロンをお試しください!

ご用命をお待ちしております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *