WHOによる「健康」の定義

横浜ロングライフの波動大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

皆さんは「健康」であることをどう定義されますでしょうか?
どんな状態のことを「健康」というのか?ということですね。

ちなみに…

「健康」の対義語、いわゆる反対語をご存知でしょうか?

答えは「病弱」なんだそうです。

では、健康であるということは
病気の状態ではないということなのでしょうか?

WHO(世界保健機構)では
「健康」について以下のように定義しています。
1998年に発表されました。

================

「健康」とは
身体的・精神的・霊的・社会的に完全に良好な動的状態であり
単に病気あるいは虚弱ではないことではない。

身体的な健康の概念は、生物医学模型により説明され
恒常性(ホメオスタシス)が維持されていることを
根幹とする。

すなわち、健康な状態では
身体に起こった状態変化が打ち消される方向の
生理作用が働いている。

この仕組みが破綻した場合、
または許容量を超えるような状態変化が起こった場合が
医療の必要な状態と解釈できる。

この許容量は予備能と呼ばれる。

※このWHOの定義は未だに厚生労働省から
正式なコメントがなされていない※

================

この状態変化のことを
メタトロンで量子論に置き換えれば
”エントロピーの拡散”になるわけです。

ここで重要なことは
WHOが「健康」であるという定義の中に
”霊的”と明記をしているということです。

”霊的”いわゆるスピリチュアリティーですが、
これは人間の尊厳の確保や
クオリティーオブライフ(QOL=生活の質)を考えるために必要な
本能的なものであるという意見が出ているのです。

”霊”的なものを肯定するというよりも
「目に見えないもの」も健康状態に作用すると
WHOが認めているという事実。

量子エントロピー機器であるメタトロンの
可能性を示している言葉でもあると思っています。

今、あなたに起こっているけれど
それはけして見ることができない。

しかし、この状態を放っておくと
あなたに何らかの不都合が起こる可能性がある。

それをエントロピーや周波数の観点から
可視化したものがメタトロンなんですね。

つまり、目には見えないけれども
「あなたの身体をちゃんと測定している」
ということなんです。

ぜひ1度試してみませんか?
ご用命をお待ちしております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *