ミネラルウォーターなら安全?

横浜ロングライフの波動大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

昔に比べて、水道水を積極的に使うよりも
日常的にミネラルウォーターを使う家庭が増えているようです。

なぜ、水道水が避けられているのか?

いろいろ理由はあると思いますが、
1番は「安心・安全」を求めてという方が
多いのではないでしょうか?

では逆に、水道水ではなく
ミネラルウォーターなら「安心・安全」なのでしょうか?

おなじみの内海聡先生の文献から
引用してお送りします。

(以下引用)

2007年のデータだそうですが参考になります。

硝酸態窒素自体は発癌性物質で
土壌の汚染を示す指標の一つです。

もちろんほかの様々な毒に比べ
薄いというのはあるものの、
水などに入り込んできやすいので要注意です。

硝酸態窒素の危険性は硝酸塩と同じで、
血液の酸素運搬能力を奪い、
特に乳幼児を窒息死の危険にさらします。

ペットボトルの水などにもよく入り込んでいます。

有名10銘柄中8つから
硝酸態窒素が検出されたそうです。

全国各地の水を集めてみると、
41銘柄中33本は0.5ppm以下だったので、
大手ブランド水より地域銘柄水の方が安全だそうです。

ちなみに汚染度が最も高かったのは、
アクアネットジャパンの
「伝説の水・志布志」で4.6ppmだったそうです。

次にひどかったのは、
東京都の武蔵野市民が水道水として
利用している水源の水をボトリングした
「水・好き」で、2.3ppmだそうです。

ほかに
大和川酒造店の「会津・喜多方名水『空』」と、
奄美大島にしかわ酒造の「長寿の島の水」で、
1.2ppmから2.3ppm出たそうです。

環境省指定の「名水」をうたう水は、
ペットボトル調査でも、
7本すべてが汚染されていたそうです。

環境省指定の「名水100選」をうたった水や、
採水地が名水100選の採水地に近い7本は、
エヌアイエスフードサービスの
「霧島の天然水」から1.2ppm、

名水の里の「五代松ごろごろ水」、
北海道ミネラルウォーターの「羊蹄のふきだし湧水」、
富山ビバレッジの「黒部源泉水」の3本から
0.5ppm~1.2ppmの硝酸態窒素が見つかったそうです。

名水を過信してはいけません。

あと硝酸態窒素を恐れるのはいいですが、
過剰に恐れても意味はありません。

たとえ硝酸態窒素が入っている水でも、
砂糖まみれのジュースやコーラの毒性には
まったくかないませんので、
うまくリスクマネージメントすることです。

(引用終わり)

ちなみにウチでは主に
クリスタルガイザーを飲んでいます。
※上記の表の1番右

身体にとって良くないと思われる成分が入ったものを
食し続けたり飲み続けたりすると
いろんな部分でメタトロンに反映されます。

つまり、メタトロンでそれが分かるんですね。

どうでしょうか?
興味ありませんか??

ぜひ1度試してみてください。
ご用命をお待ちしております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *