エントロピーとは?

横浜ロングライフの波動大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

メタトロンは「量子エントロピー測定機器」です。
ではそもそも”エントロピー”とは何なのでしょうか?

少し難しいですが、メタトロンの理論を理解する上で
とても大事なことですので
少しまとめてみたいと思います。

エントロピーとは
「無秩序の度合いを示す物理量」を意味します。

例えば『整理整頓された部屋』を例に
少し説明してみます。

再度になりますが、エントロピーとは
「無秩序の度合いを示す物理量」です。

『整理整頓された部屋』は
無秩序の度合いを考えると
”無秩序”からは遠い状態、つまり”秩序”的な状態
ということになります。

つまり
「エントロピーが小さい」と定義されます。

ところが『整理整頓された部屋』も
時間が経つにつれて
乱雑な状態になっていきますね。

この「乱雑な状態」は
”無秩序”な状態と言えますので
「エントロピーが大きい」と定義されるのです。

また、”エントロピーの法則(熱力学の法則)”は

「宇宙における全エネルギーの総和は一定で(第一法則)、
全エントロピーは絶えず増大する(第二法則)」

と定義されます。

エントロピーが少ない=乱雑さが少ない場合には
エネルギーはいろいろな形に変換でき
利用することができます。

しかし、エントロピーを利用すると
エントロピー(乱雑さ)は増し、
エントロピーは増大していきます。

するとついに
他のエネルギーには変換できなくなってしまいます。

つまりは使えないエネルギーと
なってしまうのです。

第二法則によると、
全エントロピーは絶えず増大する一方で
その逆はないことから

使えなくなったエネルギーは永遠に使えず
使えるエネルギーは減少する一方です。

オーストリア出身の理論物理学者、
エルヴィン・シュレーディンガーは
以下のように述べています。

生物が誕生した時点では
低いエネルギーレベル(エントロピー)が
安定しているが

生きている間に様々な刺激を受けるうちに変化し
やがて違う場所で安定する。

生命体はエントロピーが増大することによって
やがて死を迎える。

・・・・・いや~難しいですよね(苦笑)

つまりあなたの身体が持っている細胞の周波数は

秩序ある状態⇒エントロピーが小さい
無秩序な状態⇒エントロピーが大きい

ということになりますね。

ぜひあなたの身体のエントロピーはどうなのか
メタトロンで測ってみてください。

ご用命をお待ちしております。

One thought on “エントロピーとは?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *