がんとエントロピー

横浜ロングライフの波動大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

エントロピーとは?」で、その定義をご説明しました。
ではその定義を使って”がん”の仕組みを考えてみましょう。

(以下引用記事)

===============

日本では1981年以来がんが最大の死因となっており
がんによる死亡者率は年々増加し続けている。

「がん社会」が到来しているのだが
その一方で、がんの本質については
あまり理解されていない。

「エントロピー」という概念を使って
がんができる仕組みを説明してみよう。

物質を分子のレベルで見ていると
秩序ある状態から次第に無秩序な状態へと
変化している。

「エントロピー」とは、
この「無秩序さ」の度合いをいう。

人体も分子で構成された物質である以上
「エントロピーの法則」が適用される。

生命体はエントロピーがゼロの状態で生まれ
エントロピーが最大に達して死を迎える。

私たちが誕生した直後のエントロピーは
ゼロの状態であるが
生きていくうちに次第に体内に
エントロピーが蓄積していく。

はじめはゆっくりとしたカーブを描いて
上昇してきたエントロピーは
ある時点を過ぎると急激に増加し始める。

蓄積されたエントロピーが
許容範囲を超えた時点で
その生命体は終わりを迎える。

※「がんとエントロピー」
和田洋巳

===============

(以上引用終わり)

そして、あなたの今のエントロピー度合いを
測定して可視化したものが
メタトロンであることは言うまでもありません。

ぜひ1度試してみてください。
ご用命をお待ちしております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *