海外のワクチン強制事情

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

新年度が始まり、新しい環境に身を置かれた方も多いのではないでしょうか?
この時期、特にお子さんにとって重要なのが「ワクチン」ですね。

新しく学校や幼稚園・保育園などに入ると
ワクチン接種を強烈に進めてきたりされます。

「ワクチンに効き目がない」ことは
もはや常識となってきています。

では、日本ではなく
海外でのワクチン接種事情はどうなっているのか
おなじみの内海聡先生の文献から引用してお送りします。

(以下引用)

ワクチンに効果ないことや、
様々な副作用や後遺症をもたらすことは
もはや常識ですが、

海外ではロビー活動が展開され
ネット上もワクチン強制一色になっています。

そしてずっと審議されてきた
オーストラリアの案件、

「予防接種を拒否する家庭には
児童手当を支給しない法案」

が可決承認され、
施行されているそうですね。

オーストラリアの保育園は高いそうなので、
ほとんどの人が打つことになってしまうでしょう。

これをやったのは
オーストラリアのアボット首相(とその手下)で、

予防接種を拒否した家庭には子ども1人につき、
最大15,000豪ドル(約140万円)の手当が
支給されなくなるようです。

オーストラリア政府は、
こういった予防接種反対派という親が
過去10年に比べて2倍以上に増えていると
説明しています。

効かないのがばれているのだから
当たり前なのですが、
推奨派は科学をもとにしてそれを否定し
論争になっています。

ま、科学は嘘しかつかないのでw。

噂なので私もちゃんと確認していませんが、
フランスでは予防接種拒否はすでに
違法で罰金があるとか?

だいたい推奨派の理屈だと予防接種したら感染せず、
危険も防げるのだから打つやつがいようが、
打たないやつがいようが何の関係もありませんがw。

ま、いずれにしろ、アメリカだと
予防接種を拒否するのは富裕層か
サンフランシスコに住んでる人で、

そういう人たちはみんな
ワクチンの嘘を見抜いているわけです。

オーストラリアのアボットはタカ派首相として有名で、
金融資本や大企業にこそ尻尾を振るという点で
日本のアベシと変わりありません。

ちなみに
オーストラリアのスコット・モリソン保険相は、

「ワクチン拒否を選んだ親に
補助金を支払うのはフェアではない」

「子どもへの予防接種はスマートで正しいこと、
というのが専門家の圧倒的な意見だ」

などと述べており、兵役と同じように考えていて、
すべてが一つにつながってきます。

日本はWHOアジアオセアニアの下部にいるので、
オーストラリアで行われたことは
数年以内にやってきて、

まず間違いなく今のままでは
逆らうことはできなくなります。

その時に逆らったり騒いでももう遅く、
すでに日本では
ワクチンを打たない=虐待というレッテルで、

製薬会社や小児科界は
ロビー活動とか診療を行っています。

日本人もまたテンシ崇拝国家なので、
このまま興味なんてないという状況が
続いていくことになるのでしょう。

(引用終わり)

「子どものうちから
自分自身で何とかできる身体を作り上げる」

そのためのヒントが
メタトロンにはたくさん詰まっています。

ぜひ1度お試しくださいね。
ご用命をお待ちしております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *