あなたが変わるのが1番早い

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

このところ、似た内容のブログが続いているような気もしますが(苦笑)
最近つとに考えることなのでご容赦ください。

悩みを解決するときに
人はその原因を様々なところに求めます。

そして、残念ながら
「自分に原因がある」と本気で思える方は
とても少ないのが実情です。

もちろん、口ではそう言います。

表面だけ見ていたら、
そのことを裏付けるような行動もします。

だけど、悩みが解決しないんです。

なぜか?

その答えは簡単で、
「自分ではやっているつもりだけど
実はやらされていることに気づいていない」
ということです。

つまり、
「自分が原因だ」と言いながら
自分で解決方法を模索しません。

他人の意見やアドバイスだけを頼りにし
言われたことはやるのですが
それ以上ではないのです。

言い換えれば
”腑に落ちていない”んです。

こういう方に非常に多いのが
「質問魔」であるということですね。

結局、やるのではなくやらされているから
やっていることに自信が持てず
疑問ばかりが浮かんでくるわけです。

そして、自分で自分の責任を取ろうと思わないから
大事なことの答えを、100%他人に委任するのです。

まるで言い訳ができるように。

だから、結果が出ない。

でも、自分はちゃんとやっていると思っている。

でも結果が出ない。

そうすると…
その原因を、当然のように
他人のせいにし始めます。

あなたが良いといったから頑張ったのに
ちっとも変わらない。
おかしいじゃないか!と。

もう、何が何やら分かりませんね。

ここで大事なことは
「自主性の有無」になると思います。

今の状況や状態を招いたのは
本当に自分自身であることを
心の底から理解しているのかどうか。

自分自身が原因だと本気で思えれば
その対処方法について、
例えば他者からアドバイスや助言を受けたとしても
その後の行動が変わるんですね。

何より、
自分でその助言やアドバイスが本当かどうか、
本当だとしても自分に合うのかどうか
調べるようになるのですね。

だって、変わるのは自分だから。
ということは悩みを解決できるのも自分だけだから。

そうなんです。

原因や解決方法を
自分の”外”に求めているうちは
大きく事態が好転することはないと思います。

だから”真の意味で”、
「あなたが変わるのが1番早い」ということなんですよ。

そのためのヒントは
メタトロンにたくさん詰まっています。

まずメタトロンを試して
本当の自分に向き合ってみませんか?

ぜひご用命をお待ちしております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *