【再掲】「分かっている」人と「分かっている気」になっている人

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

頭もいい。勉強もしている。やれば出来る。だからあとはやるだけ。
でもなかなか行動に移さない人がいます。

メタトロンを提供していて
そんな方に出会うことも少なくありません。

メタトロンから導き出された結果を
間違いなく理解している。

その結果に基づいて
自分なりに勉強をし、その整合性をキチンと調べている。

あとはそれを行動に移すだけ

・・・・・なのにやらない。

もったいないですよね。

大事なことは理解することや勉強することではなく
結局は「やる」か「やらない」かだと思っています。

つまり、やらなければ意味が無いということですよね。

本当に分かっている人は
行動しなければ意味が無いことを分かっています。

机上の空論では仕方がない、と。

ところが、分かっている気になっている人は
知識だけを詰め込んで、出来る”気”になっているけど
実際にはやっていない。やったことがない。

こんな感じでしょうか。

勉強に置き換えてみると
例えば数学の公式を解く場合に
分からないことがあったら参考書を見るとします。

参考書に書いてある解き方を見て
それだけで出来る気になっている人と
実際に自分で解いてみて自分の中に
解き方を落とし込む人。

例えば運動に置き換えてみると
水泳、いわゆる泳ぎ方を学ぶとして

「泳ぎ方の本」を見てその方法を学び
それだけで泳げる気になっている人と
それを見て実際に泳いでみた人。

どちらが本当に身になるか
一目瞭然だと思います。

でも、それくらい
本当はやっていないのにやれる気になっている人が
けして少なくないという事実があるのです。

今回は勉強や泳ぎに例えてみましたが
身体に関しては、もっともっと手強いものです。

なぜなら決まった公式がないからです。
そして、正しいことがずっと正しいのではなく
時とともに変化していくからです。

今、正しいことが
1ヵ月後、半年後、1年後
同じように正しいとは限らないからです。

だから「分かった気」になるだけでは
本当の健康を手に入れることはできないということ。

常に”今の自分”にとって
正しいことをやり続ける必要があるということです。

ですから私たちは定期的に
メタトロンで測定することを
オススメしているわけです。

生活習慣、食べ物の相性、その時々の気持ちや精神状態。
これはその時その時で違って当たり前ですよね。

ですから、あなたの身体に合うことも
その時々で違う可能性があるということ。

ここを理解しないといけません!

ぜひ定期的にメタトロンで測定していただき
常に正しい自分を理解しましょう。

ご用命をお待ちしております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *