排毒の仕方

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

現代社会ではあまりに不純物が多く、相当に気を付けていても
排出できないほど身体に溜まってしまうことは必然と言えます。

化学物質や食品添加物、薬などをはじめ
「世の中では良い」と思われているものですら
”あなた”にとっては良くないものの可能性も高いのです。

究極、どんなものが身体の中に入っても
排出さえできれば問題ないのですが、
それができない方が増えている事実。

それが体調不良に直結している可能性も…

そこで内海聡先生の文献から
排毒の方法について引用します。

(以下引用)

極めて重要なことを書きましょう。

毒の出し方について内海的な考え方を
書いておくことにします。

これはこの世で
オカルト療法といわれる内容が入ってきます。

しかし残念ながらそれをオカルト療法と呼ぶのは、
医学界がもたらした洗脳にすぎません。

まず毒とは何かを定義する必要がありますが、
現代においてはそのほとんどが化学物質であり
社会毒であるととらえればよいでしょう。

つまり医学の薬、農薬、食品添加物、着色料、
建築用溶剤、空気中の汚染物質、その他多くのものが
人体にとって有害であり毒なわけです。

しかもそれらの大半は石油精製品であり、
石油産業といえば
「彼ら」を思い起こさねばならないわけです。

その毒を抜くためには基本的に人体の排出力と
解毒能力を考慮に入れなければなりません。

これらの毒はほとんどが脂溶性ですから
脂肪内や神経内や脳内、さらにいうと
細胞膜などに入り込んでいきます。

これは水溶性の毒と違って容易には排出できません。

本来サプリの栄養療法も完全な自然とは言えませんが、
依存性物質や毒の暴露状態の場合、
これらの毒の排出のため体の中は
栄養素が足りない状態となっています。

様々な栄養素は
それそのものが毒の分解や排出を助けますので、
このサプリ自体がいわゆる皆さんのイメージする
「薬」として作用します。

だから毒が一定量抜け回復すれば
サプリもやめたほうが良いでしょう。

低温サウナは汗の排出、脂肪の燃焼、血流促進、
免疫力の向上などをもたらします。

特にサウナで特筆すべきは
皆さんご存知「汗」であり、
低温サウナの汗は毒だけでなく
重金属なども排出していきます。

つまりこれは放射能に関しても応用できるのですが、
ほとんどの人はそのことを知りません。

低温サウナの汗は、
たとえばヘロイン中毒者の場合、
汗からヘロインが出てくることも科学的に確認されています。

ただ、これは
低温サウナでないといけないわけではありません。

栄養療法もこれだけじゃないと
いけないわけでもありません。

愛の伝道師としては
よもぎ蒸しなどもおススメしております。

これはオーソドックスな方法であり、
ほかに陶板浴、エステカプセル、砂風呂その他でも
代用はできるわけで、それらの排毒パワーの問題です。

一言付け加えるなれば、この方法さえも
2030年ごろには時代遅れの産物となるでしょう。
でも、現代においてはとても重要な方法なのです。

(引用終わり)

ではあなたの身体の中に
排毒できない物質がどれくらい”影響”しているのか?

それを周波数的な観点から
推測できるのがメタトロンです。

自分自身を探ってみませんか?

ご用命を心からお待ちしております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *