熱中症の正体

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

今日は埼玉の熊谷では気温41℃超え…酷暑を超える酷暑ですね。
だからでしょうか、いたるところで「熱中症」というキーワードを見かけます。

やれ対策だー、だの
やれクーラー我慢するなー、だの
やれ水分取れー、だの(笑)

あまりにいろいろありすぎて
どれをやればいいのか迷ってしまいそうですよね。

さて。

これは熱中症に限らず
病気などの全ての事柄に言えることなのですが
「個人差」ってありますよね。

同じ生活習慣だったり
同じ作業をしているのに
一方は平気で、一方にだけ問題が起きてしまう。

こういうことって多くないですか?

では、考えてみて下さい。
なぜ熱中症になる人とならない人がいるのでしょうか?

そうでなければ、
例えばもの凄く暑いという、同じ状況下にいる場合
全ての人が熱中症にならないとおかしいはずです。

ここを真剣に考えてみたことはあるでしょうか。

そう考えてみると
「暑さ」が熱中症の原因ではないことに
気づけると思います。

じゃあ、何が原因なのか?

やはり一般的には
食生活を含めた生活習慣ということになるでしょう。

適度に涼むことはもちろん重要ですが、
それ以上に水やミネラル不足の方が
もっと大きな原因なんです。

「水」と「ミネラル」ですよ。

まず勘違いされていることに1つに
暑いときは「水分」を取れと言われること。

もちろん「水分」でも100%間違いではないのですが
本当に必要なのは「水」です。

身体にとって必要なのは「水」ですから
例えばお茶などの「水分」を過剰に取りすぎると
それを「水」に変換するという作業を
”弱った”身体に課すことになります。

スポーツドリンクなどはもってのほか!
異加糖類がたくさん入っているので
それを「水」に分解するだけでも
とても身体に大きな負担をかけるのです。

そして、もう1つは「ミネラル」

不要なものを排出するときに
絶対的に必要なのが「ミネラル」です。

それなのに「水」や「水分」だけを過剰に取りすぎて
浮腫んだり、体調が悪くなったりしたことはありませんか?

これは排出すべきものが出せなくなった時に
起こる症状だと言われています。

ですから特に夏場は
水とともに塩を舐めろと言われるんですね。

いい塩には必須ミネラルが
たくさん入っていますから。

それが分からないと
いわゆる「水に当たる」という症状を
引き起こすことになるのです。

熱中症の本当の原因は、
水を含めた必須ミネラル文の欠乏にあります。
平たく言えば「栄養失調」ですよね。

食生活を含めた普段の生活習慣が
熱中症になるかならないかの、大きな分かれ目なんです。

決して、暑さが原因ではないのですね。

このための生活習慣について
あなた自身の身体を探れるとしたら…
興味ありませんか?

そのためにぜひメタトロンをお役立てください。
ご用命を心からお待ちしております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *