「減塩」は高血圧対策には無意味?

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

「塩」についての誤解は、今や多方で言われているのにも関わらず
いまだに塩分を控えることが高血圧対策になると信じられています。

そもそも「塩」とひとくくりに言っても
本物の塩から、人工的な塩まで
いろいろなものがあります。

今日は「塩」そのものの話はいったん置いておいて
「減塩」が高血圧対策には無意味である?ということを
引用でお送りします。

(以下引用)

高血圧になるのを防ぐには
塩分を控えるというのが
多くの日本人が信じる定説だった。

だが、いま、その定説を覆す
新たな理論が注目を集めている。

『脳梗塞・心筋梗塞は予知できる』の著者で、
循環器に詳しい真島消化器クリニック院長の
真島康雄医師は、こう解説する。

「高血圧をもたらすのは塩分ではなく、
血管に溜まったプラークです。

プラークとは脂肪の塊のことで、
日本語では『粥腫(じゅくしゅ)』と呼ばれ、
その名の通りお粥のようにドロドロしています。

これが溜まって血管の内側が狭くなるから、
そこを流れる血液の圧力が高まる。
実にシンプルな理屈です」

そもそも、なぜこれまで「塩分」が
高血圧をもたらす犯人とされたのか。

『減塩が病気をつくる!』の著者で
イシハラクリニック院長の石原結實医師はこう語る。

「塩分には、水を引き寄せる『吸湿性』があります。
体内に取り込まれた塩分の吸湿性によって
血液の全体量が増加すると、
心臓が血液を押し出そうとするので確かに血圧が上がります。

ただし、体内の塩分量は一定になるよう調節されており、
健康な人ならば、摂取した塩分はほぼ同じ量が
尿や汗として排出されます。

そのため、塩分摂取による血圧の上昇は
一時的なもので収まる可能性があります」

「塩分容疑者説」が広まったのは、
1954年に米国のダール博士が発表したある調査が発端だった。

日本の鹿児島と青森を含む世界5地域を調べたところ、
1日の塩分摂取量が14グラムの鹿児島の高血圧発症率が
20%であるのに対し、28グラムの青森では40%だった。

そこでダール博士は、
「塩分の摂り過ぎが高血圧につながる」と結論づけた。

わずか5地域の調査には疑問の声も上がったが、
当時は塩分と高血圧を結びつける考察は画期的だったため、
瞬く間に世界中に広まった。

 1972年には、米国のメーネリー博士が発表した、

「10匹のラットに
毎日20~30グラムの食塩を摂取させたところ
4匹が高血圧になった」

という論文で「容疑者説」は「塩分犯人説」に昇華する。

「しかし、このラットに投与された量も、
人間に換算すれば500グラムに相当し、
厚労省の推奨値の約63倍にあたる。

つまり、非現実的で極端な前提に立つため、
塩分が“真犯人”と結論づけるには至らなかった」
(前出・石原医師)

(引用終わり)

しばらく、塩の話題を続けていこうかと思います。

メタトロンでは様々な項目があり
塩分やミネラルがあなたにとって必要かどうか
周波数的な観点から数値化して判定します。

ぜひ試してみて下さい。
ご用命を心からお待ちしております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *