抗がん剤

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

このところ、著名な方がガンで亡くなるニュースを耳にします。
そこで必ず出てくるテーマが「抗がん剤」です。

抗がん剤の是非については、様々なところで議論されていますし
いろいろな文献も発表されていますので
私たちが詳しく記すことはやめておきます。

今回はジャーナリストで作家の立花隆さんが
自身の著書「がん生と死の謎に挑む」に
書かれた内容を引用したいと思います。

(以下引用)

効かないと知りながら平気で抗癌剤を使う癌の名医達 
立花隆「がん生と死の謎に挑む」72p~

僕自身(立花隆)ががんになって
癌関係のシンポジウムに招かれたときのことです。

それは朝日新聞の主催で開かれた、
一般市民向けの大きなシンポジウムだった。

僕以外の演者はすべて、
大学や大学病院のそうそうたる名医ばかりが集まっていた。

昼休みだったとき。
控え室でみなが雑談的にいろんな話をしていた。

いつの間にか話題が抗癌剤の事になっていた。

抗癌剤がどれほど効かないかの話を一人がしだすと、
皆が具体的な抗癌剤の名前をあげて、
次から次にそれがどれほど効かないかを争うかのように、
話始めました。

「結局、抗癌剤で治る癌なんて、実際にはありゃせんのですよ」
と議論をまとめるように大御所の先生が言い出すと、
皆そのとおりだという表情でうなずきました。

僕はそれまで効く抗癌剤が
少しでもあるのではと思っていましたが。

それじゃ

「患者よがんと闘うなの著者の近藤誠さんの言っていたことが
正しかったと言う事になるじゃありませんか?」と問うと、

大御所の先生はあっさりと

「そうですよ、そんなことみんな知ってますよ」

と言いました。

(引用終わり)

医療は日々発達・発展していると言われています。

それなのに、なぜ医療費は年々増えているのか?
なぜガンになる人が増えているのか?

”健康でいる”ことを考えたとき
このからくりに気づけないと
難しいことがたくさんあるのです。

そもそもなぜガンになったのか?

このアプローチを考えずして
ガンを克服することなどできるはずもありません。

そして…

「ガンは悪である」

という考え方から
それだけ脱却できるかが
大きなポイントになると思います。

そのためにぜひメタトロンをご活用ください。

周波数の観点から
あなたの身体を測定します。

ぜひご用命をお待ちしております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *