枝葉と根っこ

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただき本当にありがとうございます。

なぜたくさんの人々が、体調を崩すと医者に行くのでしょうか?
私どもは常に申し上げておりますが、そこには大いなる勘違いがあるように思います。

それは

「症状が消える」=「治る」

だと、多くの人が勘違いをしているということ。

例えば風邪を引いたとして
風邪という症状がなくなれば、それは治ったことになってしまう。

えっ?当り前じゃないの?と思われた方が多いかもしれませんね。

そういう方は得てして
毎年毎年、何度も何度も風邪を引くのです。

そして、「風邪」を治すのではなく
「風邪」という症状を取り除くためだけに病院へ行き、薬を飲み、
症状が消えたら”治った”ことになるのです。

でもしばらくしたらまた風邪を引く。

もう、病院にとってはこれ以上ない『いいお客様』ですよね。

本来、医療とは「根本治療」でないとなりません。
治したものに再度罹患するというのは
それだけで「治療」とは呼べるものではありません。

風邪という症状を取り除くのではなく
風邪自体を引かないようにする。

これこそが「根本治療」であり
本来の医療に求められていることではないでしょうか?

ここを多くの人が勘違いしているから
今日も病院はごったがえし、薬局には長蛇の列、
こんな日常が繰り返されるのですね。

ここに1本の木があります。

幹の太い立派な木で、葉っぱも青々と茂っています。

あるとき、一方向の枝葉が枯れ始めてしまいました。

さて、あなたはどう考えますか?

現代医療とは、
枯れ始めた枝葉をケアして、何とか元の青葉に戻そうと
手を尽くす作業になるでしょうか。

一時、青葉に戻るかもしれませんが
しばらくするとまた枯れ始めるのです。

そのたびに枯れた枝葉をケアする。

そのうち、そこら中の枝葉が枯れ始めて
ケアも大変なことになるのが目に見えていますね。

一方、根本治療は、
そもそも枝葉を枯れさせる原因はどこにあるのかを探ります。

よく調べてみたら
枯れる方の枝葉の根っこが根腐れしていることが分かりました。
この根っこをケアします。

結果、枯れること自体がなくなるのです。

この違い、分かりますでしょうか?

これをあなたの身体に置き換えてみて下さい。
・・・・・いかがでしょうか?

メタトロンはあなたの身体にある
「自分で自分を治す力(自己治癒力)」を高めるために
どんなものを食べて、どんな思考をもって、どんな生活をすればいいか
それを周波数という磁場の観点から明確にお伝えいたします。

ぜひ1度お試しください。
ご用命を心からお待ち申し上げております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *