食品添加物の真実 その2

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は食品添加物の真実その2と題して”コチニール色素”についてお話しさせて下さい。

恐らく市販のハム・ベーコン類にはほぼ使用されている”コチニール色素”。
赤い色の着色料なのですが…

「天然着色料」と言われているこのコチニール。
では一体、何から出来ているのか…
皆さんは知っていますか?

正解は・・・

『虫』なのです。

「カイガラムシ」という虫から抽出されています。

確かに”天然”着色料なのは間違いないですが…
でも、虫ですよ??

1kgのコチニール色素を作るのに、
カイガラムシは約14万匹必要だそうです。

そして私たちは、そんなことを何も知らずに
今日もハムやベーコンを食べているのです。

再度申し上げます。

今度スーパーやコンビニでハム・ベーコンを見かけたら
ぜひチェックをしてみて下さい。

ほぼこの”コチニール色素”が使われています。

そして…怖いのは…

2012年5月11日、消費者庁から、
コチニール色素に関するニュースレター(注意喚起)が出されています。

急性アレルギー症状(アナフィラキシー)を引き起こす場合があり、
呼吸困難などの重篤な症状となる可能性もあるとのことです。

詳しくは以下のリンクをご確認下さい。

http://www.caa.go.jp/safety/pdf/120511kouhyou_9.pdf

いかがですか?

この”コチニール色素”も
れっきとした認可食品添加物です。
しかも天然由来の…

私たちは”天然”と聞くと、どこか”安全”と勘違いしてしまいます。
しかし、その裏にある真実をしっかりと見分けなければなりません。

まさに「無知は罪」なのです。

例えば小さなお子さんに食べ続けさせ
アレルギーを誘発する可能性も低くはないでしょう。

何より注意喚起がされている
アナフィラキシー反応が起こったら
最悪の場合も考えられます。

ドキっとしたあなた。

せめて今日からは自分が食べるものや家族に食べさせているものに
どんなものが入っているのかを確認するクセを
つけてみるのはいかがでしょうか??

きっと身を守ってくれると思いますよ。

さて、ただいま横浜ロングライフでは
”クリスマスキャンペーン”を実施中です。

年末の疲れた身体を「メタトロン」でいたわってあげませんか?

ご用命のほどよろしくお願い申し上げます☆

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *