「枯れる」と「腐る」答え

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

それでは数日前の「枯れる」と「腐る」の答えを書きたいと思います。

それは恐らくかなりの方の盲点になっているもの…

答えは「肥料」なんですね。

肥料を使って作られた野菜や果物は、例外なく腐ります。

今は健康ブームですから
皆さん「オーガニック」だ「マクロビオティック」だと言い
それを健康法だとして実践しています。

ここからは私の個人的な意見として
お聞きいただきたいのですが…

無農薬はもちろんとしても
「化学肥料」ではなく「有機肥料」であれば
安全で安心だと思っていませんか?

そして、肥料がなければ野菜や果物や植物は育たないと
当たり前のように思っていませんか?

だとしたら。

野山や林の木々や草花は
いったいどうやって成長をするのでしょうか?

家の窓から見えるあの山の木々や草花は
誰かが肥料をやっているのでしょうか?

答えはNoなはずです。

つまり、あの木々や草花たちは
肥料に頼らず、自分たちの力で自生し花をつけ
そして枯れていきます。

一方、私たちが主に食べている野菜や果物は
作るために肥料が必要とされている。

矛盾を感じませんか?

確かに自然界でも、例えば動物や昆虫などが排泄をし
いわゆるそれが「有機肥料」状態になることはあるでしょう。

しかし、人工的な畑のように
ある一定のスペースに、集中的にそういうことが起こる
といった可能性は著しく低いですよね。

自然の摂理から考えると
「有機肥料」を畑に使って野菜や果物を育てることも
『不自然なこと』なのです。

「枯れる」ものとは
無農薬無肥料で、その木や植物や野菜や果物が
自然の力だけを頼りに自生・自立しできたもの。

まとめるとそういうことになるでしょうか。

また機会があれば
お話しさせていただきたいと思いますが
「有機肥料」「有機栽培」も『不自然なもの』であること。

これを理解できるだけで
”食”に対する認識も随分と変わると思います。

そして、残念ながら『不自然なもの』を
食べ続けている私たちのカラダは
思った以上のダメージが蓄積されているんですね。

それを解消できる可能性があるのが
「メタトロン」です!

まずはご自身のカラダのチェックから始めてみませんか?

クリスマスキャンペーンも残り僅かとなりました。
お得にご利用いただけるこの機会に
ぜひ1度お試しくださいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *