余計なものは入れない。入れたものは出す。

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は「余計なものは入れない。入れたものは出す。」についてお話しさせて下さい。

もうそのまんまの意味で
自分のカラダに余計なものを極力入れない。
そして、入れてしまったら出すということですね。

余計なものとは、食べ物を通じて体内に入る

・農薬・肥料分・添加物類・糖分

この辺は基より

皮膚などを通じて入ってくる

・電磁波・化学物質

などもありますね。

これらのものは、毎日知らず知らずのうちに
体内に入り蓄積されます。

蓄積されたカラダが悲鳴を上げた時、出てくる症状が
「アレルギー」だったり「病気」だったりするわけです。

現代は「まっとうな食べ物」を探すことが
著しく困難だと言われています。

皆さんが「安心・安全」だと思って食べているものも
”実は…”ということが少なくないんですね。

そして、一昔前にはなかった症状や病気などは
余計なものを知らず知らずの間に取りすぎて、
それを排出できなくなったために起こる。

そう考えて良いかもしれません。

特に便秘気味であったり、逆にいつも下痢気味であったり、
こんな方は入れたものを出す能力が下がっているということです。

もちろん、「まっとうな食べ物」を正しく食べることが
何よりもすべきことですが、
なかなかそういうわけにも行きませんよね。

なのでまず考えることは
「出す能力を上げる」ということ。

そんな時に頼りになるのがメタトロンです。

あなたのカラダが元々持っている「自浄能力」を
引き出すことができるようにお手伝いさせていただきます。

今は暴飲暴食のシーズンです。
ぜひメタトロンで体調管理をしっかりして
「出す能力」を上げてください。

ご用命お待ちしております!

One thought on “余計なものは入れない。入れたものは出す。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *