「低体温」の恐怖 リスク編

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は現代の人に多い「低体温」について、そのリスクと言う観点でお話しさせて下さい。

約50年前、私たちの平均体温は36.8℃だったそうです。
ところが今、特に女性では35℃台は当たり前で
中には34℃台という方もいらっしゃるとか。

いや、恐ろしいですね…

体温が1℃下がると、身体の代謝が13%落ちます。
ですから免疫機能にもホルモンバランスにも
良くない影響を及ぼします。

また、更年期障害、新陳代謝の低下による肌のくすみ、
自律神経失調症、生理不順などを招くとも言われています。

その他、
肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、不眠…

まさに”万病の元”ですね。

そして、私どもが常々申し上げている通り
そもそも「低体温」が”万病の元”なのに、
万が一病気になったときも体温を上げることができない。

つまり、最強の自己防衛力である
40℃の熱を出せる身体』には到底なりえない。

すなわち、自力でウイルス退治ができない。

だから、医者や薬など、「外のもの」に頼る。

頼るから自己免疫力がますます下がっていく。

ますます下がっていくから「低体温」に拍車が掛かる。

もう、何もいいことがありません。

そこに来て現代は
気をつけていても身体にとって良くないもの、
いわゆる「食品添加物」や「脂質・糖質」などを
過剰摂取してしまいがちです。

当然、これらがさらに「低体温」を引き起こす、と。

もしあなたが今、
もしあなたの家族が今、
もしあなたの大事な人が今。

もし「低体温」であるとしたら
絶対的に改善をしなければなりません。

改善をしなければ、医学的に言う
様々な疾病に罹る覚悟をしなければなりません。

そもそも、「低体温だけど健康」なんて人を
見たことがありますか?

それが全てでしょう。

さて、次回はその解決編をお送りしたいと思いますが
ひとまずのオススメはもちろん「メタトロン」です。

「メタトロン」で自分の身体を知り、
その対処法を知ることが何よりも1番です。

ぜひ1度お試しください。期待にお応えしますよ!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *