インフルエンザが大流行!?

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。
しばらくお休みをいただきましたが、今日からまたブログを更新してまいります。

今回は今、大流行中のインフルエンザについてお話しをさせて下さい。

ひとまずワクチンの話は置いておいて
今回はインフルエンザに罹ったら、という観点からお話しします。

40℃の熱を出せる身体を作る
でもお話させていただきましたが
本来、もっとも手っ取り早い身体の防御反応は『発熱』です。

ウイルスや細菌が体内に侵入すると、
身体は”免疫力”を使って退治しようとします。

その”免疫力”を高めるためには、
平熱よりも高い温度が必要となり、
体温調節中枢の指令によって体温が上昇するのです。

端的にいうと、
ウイルスや細菌と戦うために
必要があって熱を上げるということなんですね。

これは、風邪でもインフルエンザでも全く変わりません。

ひょっとすると、
風邪に比べてインフルエンザは重い…
なんて思われてる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、あなたの身体にとっては
風邪もインフルエンザも同じなのです。

私どもが常にお話しさせていただいていますが
「必要があって熱が上がる」のなら
『熱だけを人工的に下げる』という行為が
どれだけ愚かなことがご理解いただけるでしょうか?

せっかく体内の不純物や不要なものを
熱を上げることによって身体が排出しようとしているのに
それを止めるわけですから。

特に小さなお子様をお持ちの親御さんに多いのが
「熱が高くて辛そうなのを見てられない」と。

これはとんでもない間違いで
部屋を適温・適湿に保ち、水分補給だけはしっかりと行い
熱が下がりきるまで待つ。

これこそが将来のお子様にとって
何よりも大切なことなのです。

こうすることによって
あなたの大事なお子様が「免疫力」を
獲得することができるからなんですね。

ウイルスや細菌が体内に残っているのに
『解熱剤』なんかを使って熱だけ下げてしまったら…

もっと悪いことが起こりそうな気がしませんか?

そこに気づけないことこそが問題なのです。

今回は多くは語りませんが
”インフルエンザ脳症”はインフルエンザそのものが原因ではなく
「解熱剤」によって引き起こされることが分かってきています。

ではなぜ「解熱剤」によって引き起こされるのか?
考えれば分かるはずです。

目の前の辛さではなく
その後に起こりうることをもっと考えましょう。

『発熱は身体の防御作用』であり
『発熱は身体の浄化作用』でもあります。

インフルエンザに罹ってしまったら
それはあなたが”インフルエンザに罹る必要があった”のです。

インフルエンザウイルスに
身体を浄化してもらう必要があったのです。

そう思えるようになれば
自然と”病気”に対する考え方も変わってくるでしょう。

さて、「免疫力」や「自然治癒力」をアップするのに
とてもオススメなのが『メタトロン』であることは
言うまでもありません!

おかげさまで多数のご利用をいただいており
かなりリピーター様も増えてまいりました。

試せば分かるその実感!
ぜひ次はあなたがお試しくださいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *