サプリメントの考え方

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は気軽に栄養補給ができるとして大人気のサプリメントについてお話しさせて下さい。

薬事法などの規制を受けないため
サプリメントは今や、
コンビニでも簡単に買えるようになりました。

CMや雑誌などでも

「不足しがちなビタミン◯◯の補給に」
「食べ物からでは満足に摂取できない◯◯を抽出」

などなど、その広告を見ないことはないほど
私たちの生活に深く入りこんでいる商品でしょう。

しかし、残念ながら
サプリメントに対する認識については
相当に甘いものがあるのではないかと
感じることもまた事実です。

私たちが1番違和感を感じるもの。

それは
「薬は嫌だからサプリメントにする」
とおっしゃる方が非常に多いこと。

薬はダメでもサプリはOKなんですね。
それはなぜなんでしょうか?

私たちの考え方の基本には
『自然界にとってそれは正しいのかどうか』
というものがあります。

本来、身体にとって必要なものは
食べ物によって体内に入れることが
正しいのは言うまでもありません。

そう考えると、
「何か特定の成分だけを濃縮・抽出する」
という行為が、自然とは掛け離れていると感じませんか?

そして、その行為自体が
薬と同じだとは思いませんか?

人間の身体にとって
「バランス」が非常に重要であることは
常々お話しさせていただいております。

『何かが足りないからサプリメントで補う。
だから、バランスは合っているんだ』と
おっしゃるのかもしれません。

もうその考え方自体がすでに間違いであり
CMや広告に踊らされているということに
気づかなければなりません。

何をもって「足りない」というのか。
何をもって「バランス」というのか。
そもそも本当にそのサプリは、あなたのためになるものなのか。

(西洋)薬と同じ、
化学配合で作られたものは論外として
”自然由来”といわれている物でも
添加物などを十分に調べる必要があります。

また、あまり表には出ませんが
サプリメントの過剰摂取による健康被害や
アレルギーが、相当数発生しています。

健康のために飲むサプリメントで健康を崩す。
これを本末転倒と言わずして何というのでしょう。

何か特定の成分”だけ”を抽出したり、濃縮したりするものは
長い目で見れば、身体にとって良くない。

私たちはそう考えます。

さて「バランス」を考えたとき
1番重要で理にかなっている栄養補給とは
食べ物にほかなりませんね。

正しいものを正しく食べれば、
それが身体にとっては何よりのことなのです。

ですから、食べ物の相性が重要で
正直「栄養」とかは二の次で全然いいんですね。

信じられないあなた。
ぜひあなたに合う食べ物と合わない食べ物を
「メタトロン」で測定しましょう。

食べ物を変えると
体調が信じられないくらい変わります。

なぜなら、
あなたの身体を作っているのは食べ物ですから。

1年で1番寒い、2月に入りました。
根本の体調管理のために
ぜひ「メタトロン」をお試しください!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *