自責主義

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

今回はテーマを決めずに、幅の広~い話として”自責主義”について述べさせて下さい。

生きているといろんなことがありますよね?
私もそうです。

もちろん、良いことばかりではありませんよね。

悪いことや辛いこと、腹立たしいことなど
マイナスの感情を起こしうることも多いです。

そんな時に。

要因を”外”に求めてしまうのが
悲しき人間の性ではないでしょうか?

「◯◯のせいで体調を崩した」
「◯◯が遅れたから間に合わなかった」
「上手く行かないのはきっと◯◯のせいだ」
「いくら誠意を持って話しても◯◯は分かってくれない」

・・・・・まあ、キリがないですね(苦笑)

しかし、自然を基準にして考えると
どうやらその考えは正しくないのではないか?と
最近は特に感じることが多くなってきました。

『原因があって結果がある』
『迷った時は”自然ならどうなるか”を基準に』

こう考えたとき、結局全ての原因は
「自分(私)にある」のではないかと思えるようになったのです。

【他責主義】から【自責主義】へ。

自分(私)にとって起こりうる全てのことは
起こるべくして起こっている。

だとするならば、起こりうる全てのことは
全て「自分(私)の責任」ではないか?

今日、雪が降ることも
明日、子どもが熱を出したとしても
それは全て自分(私)のせい。

なぜなら
『原因があって結果がある』のだから。

とかく人間は人のせいにしがちです。

自分のことなのに。
自分で決めたことなのに。
自分で決めることができたことなのに。

結果に対して、他人のせいにする人が
なんとまあ多いことか。

今日食べるものも
明日着るものも
あさって風邪を引いたとしても

どうするかは全て自分が決めることができる。

そう考えたら、
全ての事柄が自分の責任ということになりませんか?

特に「身体」に関すること、
これはもう、自分自身でしっかりと考え
決めていく必要があるのではないでしょうか?

けして他人任せにせず
自分で考え、自分で調べ、自分で決心する。
そして、自分で責任を取る。

そうしないと『真の健康』を
手に入れることはできないのだと思います。

あなたは自分の身体を、
大事な人の身体を、
かわいいお子さんの身体を
人任せにしていませんか?

自分の心に問うてみて下さい。

そして、何か違和感を感じたなら
ぜひ「メタトロン」を試してみて下さい。

きっとお役に立てると自負しています。

お気軽にお問い合わせくださいね!

明日はキャンペーン日で
各コース「15分無料延長」いたします!!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *