塩分控えめが体にいい?「塩の嘘」

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

塩の取り過ぎは高血圧を始め、様々な生活習慣病を引き起こす。
だから、塩分は控えめに…なんて言いますよね。


====================
【告知】
3/18(土)にセミナー開催します!
詳しくは下記のリンクをご覧ください。
https://yk-longlife.com/seminar20170318/
====================

さて、それは本当なのでしょうか?

ところで皆さんは
「塩」ってどんなものだと思いますか?

皆さんが使っている「塩」は
どんなものですか?

一言で「塩」と言っても
実は様々な作り方をされており
そのことこそが問題なのです。

例えばスーパーなどでよく目にする「精製塩」
これをお使いの方も多いのではないでしょうか。

この「精製塩」。

化学的に精製されたものであることを
一体どれくらいの方が知っているでしょう。

つまり、本来の”塩”ではないのです。

精製塩は本来の塩から、人間にとって必須なミネラル分
(カリウム、カルシウム、マグネシウムなど)が
ほとんど取り除かれているため、
体内のミネラルバランスを狂わせます。

塩化ナトリウムという
「塩のしょっぱい部分」だけを抽出しまくって
形にしたのが「精製塩」なのです。

逆に天然の塩は人間にとって必要な
ミネラルが多数含まれているため、
身体に有益なだけでなく
血圧もコントロールする作用を持っているのです。

もちろん、天然の塩だからといって
必要以上に取りすぎれば害になりますが
それは何でも同じこと。

正しい塩を適量取れば
それは身体にとっては逆にいいことなのです。

つまり、正しい塩を使えば
必要以上に「減塩」を考える必要がないばかりか
身体にとっていい効果をもたらす場合もあります。

一例ですが、
例えば放射能の防御作用があると言われていますし、
人間は水だけに比べ水と塩を持つと
極端に生存期間が延びるそうです。

そう言えば、医療用の点滴にも
「生理食塩水」がありますよね。

正しく作られた塩には
様々な効果や様々な用途があります。

まずは「精製塩」を避ける努力をすること。

これがひょっとしたら
「減塩」よりも重要なことかもしれません。

ぜひあなたも「塩」を見直してみてください。

それと同時に、せっかくですから
ご自身の身体も見直してみませんか??

そのためにとても有効なのが
もちろん「メタトロン」です!!

まだまだ寒い時期が続きます。

自分を知って、対策を練る。
これがとても大事です!

ぜひお気軽にご用命くださいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *