【Road to 3/18】第1の意思と第2の意思

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

3/18の当日まで、主にセミナーのことについてお話しさせていただいております。

私たちの発信している内容については
お手数をおかけしますが、このブログを遡ってご覧いただけると
ある程度はご理解いただけると思います。

また、共同開催者の香織さんについては
以下のリンクから彼女のHPをご覧ください。

http://kaori.yokohama/

3/18(土)セミナーの詳細は以下の通りです。

https://yk-longlife.com/seminar20170318/

お申し込みは以下のリンクから

https://ws.formzu.net/fgen/S1876947/

何かを始めるときには何かしらの「意思」を持つ。

ここから全てが始まるのでしょう。

自分がやりたいこと。
自分がなりたいこと。
自分が欲しいもの。

自分が希望する未来を手に入れるために
結果は分からなくても

「こうしたい。こうなりたい。」

この「意思」を持つことから全てが始まります。

これが『第1の意思』です。

ところが、第1の意思を持った後すぐに
その意志とは反するような感情が湧いてきます。

例えばあなたが3/18のセミナーに
来たいと思ったとします。

でもその後すぐに

「行っても、意味があるのかなぁ…」

とか

「そもそも本当に行きたいと思っているのかなぁ…」

などなど。

直後に湧いてくる当初とは反対の感情。
これを『第2の意思』と言います。

きっとあなたもこの感情を
経験されたことがあるのではないでしょうか?

では、この『第2の意思』の正体は
いったい何なのでしょうか。

それは、私たちの生活していく上で
日々入ってくる「情報」なのかもしれません。

他人の良いものが自分の良いものにすり替わったり、
自分が本心からやりたくないものを目標にしてしまったり。

本当に欲しいものを欲しくないと思ったり、
本当はいらないものを欲しいと思ったり。

きっと自分の本当の気持ちが
情報社会の中で惑わされたり、希薄になったりして
望まないことを決めてしまうこと。

これが『第2の意思』の
本当の正体なのではないかと思います。

しかし、人間というのは不思議なもので
「最初に感じたことが正しい」ことが
恐らく多いのではないでしょうか。

あなたがもし

「自分を変えたい」
「正しい情報を得たい」
「より良い自分になりたい」

と思っているのなら、
1番最初に感じた意思、
つまり『第1の意思』に正直になることが
とても大事だということ。

そして、その『第1の意思』を大事にして
”やり切る”と決断し、それをやり切れた時
自分自身が望んだ状態になれる。

そう信じています。

きっとあなたはもう何度も
このセミナー告知を熱心に
お読みいただいていることでしょう。

そして、『第1の意思』と『第2の意思』の間で
揺れ動いているのだと思います。

ぜひ『第1の意思』に正直になって下さい。

それが本当のあなたの意思なはずです。

3/18、あなたのお越しを心からお待ちしております。

共同開催者 荒木香織さんHP

http://kaori.yokohama/

3/18(土)セミナーの詳細

https://yk-longlife.com/seminar20170318/

お申し込み

https://ws.formzu.net/fgen/S1876947/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *