身体の細胞は引き合っている

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

例えば、皆さんが身体のある部分の痛みを訴えたとします。
分かりやすく言えば「腰痛」とか「肩のコリ」などですね。

私どもは常々「対処療法」ではなく
「根本治療」をしましょうとお話ししています。

これはいわゆる内科的な話だけではなく
どんなものにも応用できる考え方です。

例えば「腰痛」。

腰が痛いと言って整形外科に行けば
恐らく医者は腰を一生懸命治療してくれるでしょう。

レントゲンを取り、理学療法をし、
湿布を出され、場合によっては痛み止めを出される。

それで完治された方はいらっしゃいますか?

再発もせずに、至って元気という方は
どれくらいいらっしゃるでしょうか?

逆に、もう何年も整形外科に通っているけれど
一進一退を繰り返している。
そんな方はどれくらいいらっしゃいますか?

私たちの身体は、全ての部位や臓器、
もっと言えば全ての細胞が、
それぞれ独立して機能しているわけではありません。

全てが引き合って、支え合って
バランスをとることで機能しているのです。

あなたの主訴が「腰痛」だとしても、
それは本当に「腰が痛い」ことから来ているのか
それとも他の部分の歪みが「腰痛」となって出てきているのか。

ここがとても重要なんです。

本当に腰に問題があって「腰痛」になっているのなら
腰の治療をすれば効果が出るでしょう。

しかし、もし腰以外の部分に問題があって
その結果が「腰痛」として出てきているとしたら
それは腰の治療をしても効果が出ない可能性が高いと言えます。

「腰痛」という問題を引き起こしている
『根本』を治療しないといけないということですね。

私たちも日々メタトロンをさせていただく中で
本当にいろいろな所見を目にします。

そして、実際に起こっている周波数のズレの原因が
全く思いもよらなかったところから来ていることも
けして少なくはないのです。

例えば
「子宮」の周波数のズレの原因が「耳」だったり。
「腰」の周波数のズレの原因が「背中だったり。
「ヒザ」の周波数のズレの原因が「首」だったり。

本当に身体の細胞は引き合っているんだなぁと
実感します。

今のあなたの悩み。
今、起こっている痛み。

その原因は本当にその場所にあるのでしょうか?
実は他の場所にあるのではありませんか?

まずはメタトロンで周波数のズレを測定し
「引き合っている部分」を測定してみませんか?

何かヒントになるかもしれません。

ぜひ1度試してみてくださいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *