「コーヒーフレッシュ」の真実

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

大手ファーストフード店やファミレスに行き、コーヒーや紅茶類を頼むと
必ずついてくるのが「コーヒーフレッシュ」ですね。

このコーヒーフレッシュ。
「ミルク」と同じものだと思っている方も多いようですが
もう全く違うものです。

それなのに
「”ミルク”とお砂糖はどうされますか?」
などと言われ、出てくるのがコーヒーフレッシュですから
勘違いしてしまうのも仕方のないことかもしれません。

でも冷静に考えてみて下さい。

コーヒーフレッシュは
常温で山積みになって置いてあることが
ほとんどだと思います。
しかも、長時間。

もし、「ミルク」だったら
そんな状態で品質を保てるはずがないとは思いませんか?

本当に「ミルク」だったら
普通に考えたら腐ってしまうでしょう。

では、なぜそうならないのか?

コーヒーフレッシュの正体、
その主成分は「植物油」なんです。

「植物油」と「水」と「添加物(白の着色料)」を混ぜます。
油と水は混ざらないので「乳化剤」を投入します。
するとあっと言う間に混ざってしまい、乳化するわけです。

しかし、これだけではミルクらしい”とろみ”が出ません。
そこでさらに「増粘多糖類」を混ぜ、人工的にとろみを出します。

さらにミルクっぽくみせるために
「カラメル色素」を入れ、薄茶色にします。

最後に「ph調整剤」を入れて
長持ちするように仕上げるのです。

こうして皆さんおなじみの
「コーヒーフレッシュ」が完成します。

・・・・・ミルクの”ミ”の字も入っていませんね(笑)

さて、何が問題なのか、ですが
言うまでもなく入っている成分ですよね。

例えば「乳化剤」。
食品に入れば乳化剤と言われますが
その実態は石鹸などに入っている「界面活性剤」と同じものです。

つまり、石鹸や洗剤と変わらないものが入っている、と。

当然、植物油には「トランス脂肪酸」が含まれていますし
ガンや脳梗塞を起こすような成分も入っています。

ちなみに、以下がある「コーヒーフレッシュ」の成分表です。

”原材料名:植物油脂、還元澱粉糖化物、乳製品、砂糖、カゼインNa、乳化剤、
pH調整剤、セルロース、ポリリン酸Na、安定剤(カラギナン)、香料”

あっ、「乳製品」って記載がありますが
これは「脱脂粉乳」が入っているんですね。

「脱脂粉乳」ですよ…

いずれにせよ、
あまり好んで摂りたくないものであることは
間違いないように感じます。

皆さんも、ご注意くださいね…

余計な添加物や代用物を避け
あなたに合った食べ物を知る。
このことに最適なのが『メタトロン』です!

きっと「目からウロコ」の測定結果が出ますよ。
ぜひ1度お試しください!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *