あなたの知らない「食品の原材料表示」ルール②

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

「食品の原材料表示」についてお話しさせていただいておりますが
皆さんが知らない”表示義務の抜け穴”をご紹介させてください。


原材料表示とは

↑こういうものですね。

この表示方法の根本。
それは『入っている量が多い順番』になっているということ。
このことは前回のルール①でご紹介しました。

それを踏まえて、今回は「遺伝子組換え商品の表示」について
その抜け穴をお伝えいたします。

なお、下記内容は
「サルでも分かる遺伝子組み換え」by 安田美絵 様サイトから引用しました。
http://gmo.luna-organic.org/

①「主な原材料(原材料の重量に占める割合が上位3番目以内で、
しかも原材料に占める重量の割合が5%以上)」にしか表示義務がない

まさにこの表示方法の根本である
『入っている順番が多い順になっている』ことを
逆手に取った方法です。

たとえば、コーンスターチ(とうもろこしのでんぷん)には
基本的に表示義務があります。

ところが分量が少しであれば、
もっと言えば表示の順番が4番目以降であれば
遺伝子組換えであることが表示されない場合もあるのです。

②組み換えDNA、およびそれによって生成した
たんぱく質が残らないものには表示義務がない

組み換えた遺伝子や、その遺伝子がつくりだしたたん白質が、
食品の中に残っていれば、検査でそれが検出できます。

ところが、油や醤油などの場合は、
遺伝子組換え物質から絞り出したものを使うためそれが残りません。

つまり、検査をしても
材料が遺伝子組み換えかどうかがわからないのです。

そういうものには表示義務がない、ということになっています。

例えば、遺伝子組み換えの餌を食べて育った家畜の肉や
卵・牛乳・乳製品などの畜産品、
油、醤油、液糖、水飴、コーンフレークなどには表示義務がありません。

③ 5%以下の意図せぬ混入には表示義務がない

大豆やとうもろこしをコンテナなどで運ぶ場合、
隅っこのほうに前回に運んだ作物が少しだけ残っていて、
それが混じってしまう、という可能性が考えられます。

そんなふうにして
遺伝子組換え作物が少量混じってしまった場合でも、
5%以下であれば、「遺伝子組換えでない」と
表示していいことになっているのです。

微量混じるのは仕方ないことだ、と業者は主張します。

しかし欧米では、この意図せぬ混入の許容率は
0.9%ということになっています。

日本の基準の約6分の1ですよ。

ですから日本でももっと厳密にやろうと思えばできるはずなんですね。

きっと…残念ながら皆さんも
望まない形で「遺伝子組み換え食品」を
口にしてしまっている可能性がゼロではないということ。

これを知っているか知らないかで
対処方法が全く変わってきます。

ぜひ、覚えておいてくださると幸いです。

さて、どんなものを口にしても
不要なものを最大限排出できる(デトックスできる)身体なら
恐れることはありません!

メタトロンはそんなあなたの助けになります。
ぜひお気軽にご用命くださいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *