見えないものの影響

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

世の中に起こりうることについて、人によって信じる・信じないに差はありますが
全ての人は”見えないものの影響”を受けているのではないでしょうか。

いや、むしろ見えないものが全てなのではないか?
そう感じることも少なくありません。

人が思い、悩むとき
その対象になるものはほとんどが
見えないものであると言っても過言ではありません。

さて。

ここでメタトロンです。

否定される方は全力で否定してくるこの機器ですが
ではいったいなぜそう思われるのでしょうか。

それはまず「波動」という
何とも胡散臭く感じるもので括られがちな機器であること。

そして、この機器の基本となる学問である
「量子力学」がまだまだメジャーではないこと。

「量子力学」がメジャーではないので
いわゆるエビデンスなどが乏しく
特に医療従事者を中心に「トンデモ機器」と思われる方が多い。

しかもある程度有名な方々が
いかにもそれっぽく否定するので
周りはそれを信じてしまいやすいということ。

まあ、こんな感じでしょうか。

しかし、重ねてになりますが
あなたが今、信じて普通に使用しているものも
その多くが目に見えないものじゃないですか?

例えば、携帯電話。

電話から聞こえてくる声が
本当に「本人」だと思うのはなぜですか?

だって見えないのに。

例えば、電子レンジ。

何が起こっているかは分からないけど
温まるから「本当」なのでしょうか?

いったい実際に何が起こっているのか分からずに
使っている方が多いでしょう。

それなのになぜ、こんなに普及したのでしょうか?

テレビだって、ラジオだって
目に見えない「電波」を使って配信されています。

そのことを疑わないのはなぜですか?

今、例に出した全てのものが出始めのころは
恐らく今のメタトロンに感じているのと同じような
胡散臭さがあったのだろうと思います。

でも今はあって当たり前、
使うのが当たり前になっている。

ですからそう遠くない将来
量子学もメタトロンも
もっともっと認知されていると確信しています。

そしてもっと、皆さんも
メタトロンのことを知ってください。

根本治療を行う、心ある医師や
難病と立ち向かう医師が
これだけ使用している事実。

否定するのは簡単です。
しかし、その裏にある真実から
目を背けることのないように。

私たちもこの機器に誇りと自信を持ち
もっともっとたくさんの方々に
信用してお使いいただけるよう精進いたします。

ぜひご用命をお待ちしております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *