生命の鎖

横浜ロングライフの波藤大海です。いつもご覧いただきありがとうございます。

世界的に有名な栄養学者であるロジャー・ウィリアムス博士は
生命の維持のために必要な「生命の鎖」理論を発表しています。

その内容について
おなじみの内海聡先生の文献から
引用してお送りします。

(以下引用)

世界的に有名な栄養学者である
ロジャー・ウィリアムス博士は、
生命の維持のためには46種類の栄養素が
バランスよく摂られていることが不可欠なことを提唱した。

この栄養素が協調して生命活動を維持している理論を
「生命の輪(鎖)」という表現で示した。

この輪は一つ一つの鎖が結びつきながら、
一つの輪を形づくっていると考えてみるとわかりやすい。

この鎖全体の強さ、つまり生命力の強さは
協調性と相互作用によって保たれることが
一つのポイントである。

仮に45の鎖が強くても1つだけ弱い輪があれば、
全体は切れてしまうことになる。

このためウイリアムズ博士は生命の鎖は
体に不可欠な栄養素がどれもバランスよく
摂られていなければ高い水準には維持できない、
と説くのである。

生命の鎖を構成する栄養素は9種類の必須アミノ酸、
16種類のミネラル、20種類のビタミンなどだが(表)、

これらのどれにも絶対必要最低水準というものがあり、
どの1つがその水準以下になっても
不健康となったり病気となると提唱する。

20種類のミネラル:

ナトリウム、カリウム、クロール、カルシウム、
マグネシウム、リン、硫黄、鉄、銅、マンガン、
亜鉛、セレン、リチウム、クロム、ヨウ素、
モリブデン、バナジウム、コバルト、ニッケル、フッ素、

18種類のビタミン:

ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、
ビタミンB3(ナイアシン)、ビタミンB5(パントテン酸)、
ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、イノシトール、コリン、
ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンF、
ビタミンH(ビオチン)、ビタミンK、
ビタミンP(フラボノイド)、その他ビタミン(諸説あり)

8種類のアミノ酸:

リジン、メチオニン、フェニルアラニン、ロイシン、
イソロイシン、バリン、スレオニン、トリプトファン

わたしは博士が提唱した
生命の輪の理論を高く評価する。

これはそれほど難しい話ではなく
概念的にも直感的にも納得できるものだ。

「人が食べたものによってつくられる」というのは、
最も基本的かつ普遍的な概念でしかない。

ただ、その場合、生命の輪を
46種のビタミン、ミネラル、アミノ酸などで
終わらせていいのかという問題がある。

それを踏まえてわたしは医学不要論の根幹として、
生命の輪をさらに発展させた
「三つの輪」を提案している。

(引用終わり)

そして、ここに出てきた物質が
あなたにとって過多なのか少ないのか
量子学の観点から探れるのがメタトロンです。

あなたの「生命の鎖」は大丈夫でしょうか?

ぜひメタトロンで測定してみてくださいね。
ご用命をお待ちしております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *